クライアントセキュリティ サーバーセキュリティ ゲートウェイセキュリティ メールセキュリティ ウイルス対策 標的型攻撃対策 IDS/IPS ファイアウォール WAF UTM フィルタリング データ保護 アクセス管理 SSO ワンタイムパスワード IRM 情報漏えい対策 暗号化 脆弱性診断 その他セキュリティ

「サイバー戦争」入門--どこで誰が戦っているのか

世界各国の軍隊が、サイバー戦争に備えようとしている。このガイドは、サイバー戦争がどのようなものであるか解説し、知っておくべき情報をまとめる。

 サイバー戦争は現実だ。各国政府はインターネット上での戦いに備える取り組みに膨大な予算をつぎ込んでおり、我々は十字砲火を浴びる羽目になるかもしれない。ここでは、知っておくべきことを説明しよう。

まとめ

  • サイバー戦争とは?:他国のネットワークやコンピュータシステムを損傷するために実行されるデジタル攻撃。
  • サイバー戦争で何が行われるのか?:国家の支援を受けたハッカーは、民間と軍隊のサービスを混乱させることを目的とする。電力網をまひさせるなど、現実世界に影響を及ぼす可能性もある。
  • なぜサイバー戦争が重要?:先進国の経済は、今やほぼ全面的にウェブベースのサービスに依存している。こうしたシステムとネットワークに対する信頼が揺るがされると、深刻な状況に陥りかねない。
  • サイバー戦争の影響を受けるのは?:デジタルインフラに頼る生活をしていれば、誰でも例外なく、どこで暮らしていようと影響を受ける可能性がある。
  • サイバー戦争のトレンドはいつ?:サイバー戦争と呼べる事態はすでに何回か発生しており、今後増えるだろう。
  • サイバー戦争はどこで起きている?:電子的な攻撃が、ウクライナ、イラン、東欧で実行された。実際の攻撃事例はもっと多いのだろうが、秘密主義に阻まれ明確には分からない。
  • サイバー戦争は誰が起こしている?:多くの国家がサイバー戦争の体制を構築中だ。特に、米国、ロシア、中国、イラン、北朝鮮といった国々の準備が整っている。
  • どのようにサイバー戦争に巻き込まれる?:大国と衝突したり、独裁者の機嫌を損ねたりすると巻き込まれる。

残り本文:約4337文字 ログインして続きを読んでください。

「クライアントセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]