ワークフロー エイトレッド

AgileWorks:大幅な組織改編や長い決済フローに対応するワークフローソフト

ワークフローソフトの「AgileWorks」は、大幅な組織改編や長い決裁フローに対応している。組織の新設や統廃合、コードの変更、異動に伴う書類管理など人事発令データを事前に受け取り、早い時期から作業できる。

AgileWorksのポイント

  • 大手と中堅企業向けのワークフローソフト
  • 大幅な組織改編や長い決裁フロー、システム間の連携に対応
  • 組織のデータを履歴構造で持っており、人事発令前に作業を進められる

AgileWorksの製品解説

 エイトレッドの「AgileWorks」は、大手と中堅企業向けのワークフローソフトだ。大幅な組織改編や長い決裁フロー、複数の運用システムが併存する環境に対応できることなどが特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 組織のデータを履歴構造で持っており、人事発令前の「先付けメンテナンス」が可能だ。組織の新設、統廃合、コードの変更、社員の入社と退社、所属組織異動、異動に伴う書類管理など、発令データを事前に受け取り、早い時期から作業ができる。

 さまざまな外部システムと連携できることも特徴。Google AppsやOffice 365、Salesforceなどのクラウドサービス、Oracle EBSやProActive E2、SAP R/3などの統合基幹業務システム(ERP)のほか、COMPANYなどの人材管理システム、desknet's NEOなどのグループウェアとも連携する。

 日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)の表示言語に対応しており、利用者が個別に表示言語を切り替えられる。

AgileWorksの画面
AgileWorksの画面(エイトレッド提供)
AgileWorksのまとめ
用途と機能大手と中堅企業向けのワークフローソフト
特徴大幅な組織改編や長い決裁フロー、入れ替わりが激しい従業員への教育、複数の運用システムが併存する環境に対応できる
導入企業清水建設、東京エレクトロンデバイス、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan