経費精算・旅費精算 コンカー

経費精算SaaSの選び方:紙やExcelから脱却する「Concur」の魅力

経費精算のシステム化が進まないのは、バックオフィスに投資したくないからだ。申請から支払いまでの一連のプロセスは手作業で処理されており、業務効率と透明性の視点で多くの課題を抱えている。

 経費精算業務はなかなかシステム化が進まない分野の1つだ。バックオフィスになるべくコストをかけたくないと考える経営者は多く、システムを導入したり刷新したりといった投資に踏み切れないことも少なくない。

 そうした背景から、企業の経費精算業務はこの何十年も変わらず、利用申請、承認、支払い依頼をExcelや紙ベースで処理しており、業務効率と透明性の視点で多くの課題を抱えている。

あらゆる経理業務をクラウドでシステム化

 そんな中で、日本でも導入が進んでいるのがクラウドベースの出張経費精算システム「Concur Travel & Expense」である。出張手配から請求書処理、経費分析まで出張と経費管理に関するさまざまなサービスをクラウドで利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約827文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan