WAN高速化 VPN ロードバランサ 無線LAN ルータ スイッチ シスコシステムズ

国内企業向けネットワーク機器市場は安定推移--IDC

IDC Japanは6月1日、企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器からなる国内企業向けネットワーク機器市場の2015年実績と予測を発表した。それによると、2015年の国内企業向けネットワーク機器市場規模は、前年比成長率5.6%の2131億800万円となった。

 IDC Japanは6月1日、ルータ、イーサネットスイッチ、無線LAN機器からなる国内企業向けネットワーク機器市場の2015年実績と予測を発表した。2015年の市場規模は、前年比5.6%増の2131億800万円だった。


国内企業向けネットワーク機器市場の支出額予測。2014年~2020年 (企業向けルータ、企業向けイーサネットスイッチ、企業向け無線LAN機器の合計値)

TechRepublic Japan関連記事

 2015年の成長は、データセンター向けイーサネットスイッチ需要の増加と、企業における無線LANの継続的な利用拡大がけん引した。製品分野別の成長率では、データセンター向け需要がけん引し企業向けイーサネットスイッチ市場は前年比成長率6.3%で成長。企業向け無線LAN機器市場も依然として高い成長を続けており、2015年も9.3%と伸びた。

 ベンダー別シェアでは、シスコシステムズが3つの製品分野すべて首位を獲得し、市場全体でのシェアは47.8%に達した。国内企業ネットワークにおける浸透度の高さと製品ポートフォリオの充実度が改めて強く意識される結果となった。IDCはシスコについて、各製品分野では競合は存在するものの、企業向けネットワーク機器市場全体では、製品や事業ポートフォリオの総合力で抜きんでた存在とした。

 一方、IDCは同市場の今後について、大きな成長は見込みにくいものの安定していると指摘。国内企業向けネットワーク機器市場全体における2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.7%で、2020年の市場規模は2015年と横ばいの2203億7800万円と予測。製品分野別でも、同期間の企業向けイーサネットスイッチ市場のCAGRは0.9%、同じく企業向けルータ市場はマイナス1.1%、企業向け無線LAN機器市場については2.3%と予測している。

 ただし、全般的には低成長市場であるものの、限定的ながら成長領域が残されている。例えば、IoTに代表されるPC、サーバ、ネットワーク機器以外のNon-ITデバイスのネットワーク接続の増加は、企業向けネットワーク機器市場の新たなけん引役として期待される。

 IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は、企業向けイーサネットスイッチ市場について、次のようにコメントしている。

 「IoT向けソリューションの最初の一歩は、Non-ITデバイスのネットワーク接続に適した設定、運用管理機能の強化である。その際に最も留意すべき点は、イーサネットスイッチベンダーが想像する以上に設定機能を容易にし、工事者や運用管理者の作業をシンプルにすることである」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan