文書管理 アイサイト

D-QUICK7:CADやOfficeのファイルを一元管理する文書管理システム

文書管理システムの「D-QUICK7」は、CAD図面やOffice文書を一元管理する。管理機能に加え、検索機能や編集機能なども豊富に備える。

D-QUICK7のポイント

  • 図面をはじめとするドキュメントデータを一元管理できる
  • Officeファイルのほか、DWG、DXF、JWW、SXF形式のCADファイルに対応
  • 「レンディション」などの管理に加え、ファイルの改訂も管理する

D-QUICK7の製品解説

 アイサイトの「D-QUICK7」は、図面をはじめとするドキュメントデータを一元管理する文書管理システムだ。「Microsoft Office」のファイルをはじめ、DWG、DXF、JWW、SXF形式のCADファイルに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 作成元ファイルと承認ファイルをセットで管理し、閲覧者へ承認ファイルのみを公開する「レンディション管理」、ドキュメントに対して子ドキュメントを登録する「親子ドキュメント」といったファイル管理機能を備える。日本語、英語、中国語をサポートする。

 検索機能では、ファイル名での検索のほかにフォルダツリー検索、属性検索、全文検索などがある。ビューア機能を使えば、ファイルを保管しているサーバからファイルをダウンロードすることなく、システム内でファイルの閲覧が可能だ。

 サーバ上でファイルを共同編集するための機能も備えている。改訂履歴を管理する「版管理」、編集状態を管理して排他制御する「仕掛中管理」などがある。

D-QUICK7の画面
D-QUICK7の画面(アイサイト提供)
D-QUICK7
用途と機能図面や文書などのドキュメントデータを一元管理する文書管理システム
特徴「Microsoft Office」のファイルをはじめ、DWG、DXF、JWW、SXF形式のCADファイルに対応する。ファイル管理機能のほか、検索機能や編集機能なども豊富に備える
税別価格1サーバあたり、Processorライセンスが550万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan