文書管理 JFEシステムズ

DataDelivery:業務データの2次活用や法定帳簿の長期保存に適したデータ管理システム

データ管理システムの「DataDelivery」は、さまざまな業務システムからデータを集めて独自形式で圧縮保存する。業務データの2次活用、保存年数が定められている法定帳簿などの長期保存に適している。

DataDeliveryのポイント

  • 業務データを集めて圧縮保存するデータ管理システム
  • 業務データの2次活用や法定帳簿などの長期保存に適している
  • データを独自形式に変換するためデータの改ざんを防止できる

DataDeliveryの製品解説

 JFEシステムズの「DataDelivery」は、さまざまな業務システムからデータを集めて圧縮保存するデータ管理システムだ。長期間にわたって蓄積する業務データの2次活用、保存年数が定められている法定帳簿、電子データ交換(Electronic Data Interchage:EDI)での取引などの長期保存に適している。ブラウザで利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 部門や業務、データ種別ごとにフォルダを分けてデータを整理できる。利用者ごとに参照権限を設定でき、権限の付与されたフォルダしか参照できない仕組みだ。ダウンロードや印刷をできないように制限することも可能。

 検索機能も備える。インデックス化された文書情報を対象に、数値範囲を指定したり、複数の項目を組み合わせたりする条件検索が可能だ。検索結果に対して、さらに条件を変えての絞り込み検索も実行できる。データを取り出す前に、画面上でプレビューする機能も備えている。

 データは独自形式に変換されるため、少ないストレージ容量でも長期のデータ保存が可能であり、データの改ざんも防止できるとしている。

システム概要イメージ
システム概要イメージ(JFEシステムズ提供)
DataDeliveryのまとめ
用途と機能業務システムからデータを集めて圧縮保存するデータ管理システム
特徴長期間にわたって蓄積する業務データの2次活用や、保存年数が定められている法定帳簿やEDI取引などの長期保存に適している。データは独自形式に変換されるため、少ないストレージ容量でも長期のデータ保存が可能であり、データの改ざんも防止できる
導入企業プレミアファイナンシャルサービス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan