VR・AR

VRヘッドセット「Oculus Rift」入門--VR復活の立役者だが入手困難

このガイドは、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」について、その歩み、企業の採用事例、VR市場で担う役割を解説する。

 「Oculus Rift」は、2016年に発売された仮想現実(VR)ヘッドセットだ。使用するにはPCが必要で、ハイエンドVRデバイスと見なされている。開発元のOculus VRは、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」のキャンペーンで大成功を収めてから、Facebookに20億ドルで買収されるまでのあいだに、VR市場をほぼ支配する地位を築いた。消費者向けモデルの出荷は遅れたものの、消費者だけでなく企業からの関心も集めている。


画像:Oculus

 このガイドは、企業のトップやイノベーターにOculus Riftとその機能をよりよく理解してもらうため、細かいが重要な点を紹介する。

まとめ

  • Oculus Riftとは?:消費者向けのハイエンドVRヘッドセット。
  • なぜOculus Riftが重要?:OculusはVRに対する世間の関心を高めてくれるはず、と考える人が多いため。Riftは、消費者向けとして市場投入されたVRヘッドセットの第一陣である。
  • Oculus Riftのメリットを受けるのは?:企業においては、高品質VRコンテンツを何らかの形で利用しようという人なら例外なくメリットが得られる。
  • Oculus Riftのトレンドはいつ?:現在。現時点で入手は困難だが、年内に状況は変わるだろう。
  • Oculus Riftはどうやって購入できる?:オンライン販売されている。ただし、届くまで時間がかかる。

残り本文:約1326文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan