グループウェア プロジェクト管理 ワークフロー メール SNS ウェブ会議 ファイル共有

SlackやBufferなど--勢いのあるスタートアップから愛される海外製ツール8選

少人数で最大限の力を発揮し、成果を出したい――。人や時間などのリソースが限られたスタートアップ企業に選ばれている海外製ツールを紹介する。

 少人数で最大限の力を発揮し、成果を出したい――。人や時間などのリソースが限られているスタートアップ企業であれば、なおさらそう考えるはず。だからこそ、業務効率化のために、よりよいツールを使いこなし、スピード感を持ってアウトプットを生み出している。

 特にシンプルなユーザーインターフェース(UI)で使いやすい海外製ツールは、彼らの多くに愛用されている。実際に彼らはどんなツールを選び、どう使っているのだろうか。いま勢いのあるスタートアップたちに選ばれている海外製ツールを紹介したい。

編集部おすすめの関連記事

1.Slack

 チャットをベースにしたコミュニケーションツール。すっきりとしていてムダのないUIが使いやすいと評判。App Directoryから、分析ツールや開発者向けツールなど、さまざまなツールと連携しやすいのも選ばれる理由だ。

 例えば、Googleカレンダーと連携させ、予定の時刻がやってきたら指定のチャンネル(グループ)に通知させる、といった設定も可能。プロジェクトやチームごとにチャンネルを分けて使う人も多いが、このとき便利なのはチャンネルをまたいで単語検索できることだろう。他のチャットツールではなかなか見られない機能である。

 有料プランは月額6.67ドルから(年間一括払いの場合)。

Slackのウェブサイト
Slackのウェブサイト

2.Trello

 直感的に使えると評判のタスク管理ツール。チームで共有できる「ボード」(ピンナップボードのようなイメージ)に「リスト」を作り、リスト上で「カード」を作成したり、リスト間をドラッグ&ドロップで移動したりするだけで、タスクの進捗管理を行える。

 カードに担当者名や期限、概要などを記載しておけば、整理も簡単。カード上に添付ファイルをアップロードすることもできる。他サービスとの連携もしやすく、後述するZapierにも対応。

 法人向けプランは月額8.33ドルから(年間一括払いの場合)。

Trelloのウェブサイト
Trelloのウェブサイト

3.Dropbox Business

 安心安全なオンラインストレージといえば、やっぱりコレ。チーム向けの「Business」プランを選ぶと、1ユーザーあたり月額1500円で、ストレージ容量は無制限かつ無料で追加可能。さらに、削除あるいは上書きしてしまったファイルの旧バージョンを復元でき、うっかりミスを「なかったこと」にしてくれる涙が出るほどありがたい機能も兼ね備えている。

 管理者用機能も充実。チームのアクティビティを監視したり、Dropboxとリンクさせたデバイスを確認したりできる管理者向けダッシュボードが用意されている。万一、デバイスが紛失盗難に遭った場合は、遠隔からデバイス上のファイルを削除する機能もある。

Dropbox Businessのウェブサイト
Dropbox Businessのウェブサイト

残り本文:約1777文字 ログインして続きを読んでください。

「グループウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]