クラウド IaaS

FUSION Cloud:初期費用なしのパブリッククラウドIaaS--オートスケールも提供

パブリッククラウドIaaSの「FUSION Cloud」は、管理コンソールから必要なときに必要な分だけ仮想マシンを利用できる。オプションでブロックストレージやロードバランサ、オートスケールなども利用できる。

FUSION Cloudのポイント

  • 初期費用なしで始められるIaaS型パブリッククラウド
  • 必要なときに必要な分だけITリソースを利用できる
  • オプションでブロックストレージやロードバランサなども利用できる

FUSION Cloudの製品解説

 楽天コミュニケーションズの「FUSION Cloud」は、初期費用なしで始められるIaaS型パブリッククラウドだ。管理コンソールから必要なときに必要な分だけ、仮想マシン、ブロックストレージ、ロードバランサ、オートスケールといったITリソースを利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 管理コンソール、仮想マシン、利用統計を基本サービスとし、ファイアウォール、モニタリング、固定IPアドレス、ブロックストレージ、テンプレート、ロードバランサ、オートスケールの各サービスをオプションで提供する。

 仮想マシンは最大20台まで作成可能。独自のCPU単位である「FUSION Compute Unit(FCU)」はIntel Xeonプロセッサの2.00GHzに相当する。メモリは最小512Mバイトから最大128Gバイトまで選択できる。

 サーバOSとして、CentOS 5.11(32/64bit)、CentOS 6.6/6.7/7.2-1511(64bit)、Ubuntu 12.04(64bit)、VyOS 1.1.5(64bit)、Windows Server 2008 R2/2012 R2(64bit)、Windows Server 2008(32/64bit)を利用できる。

 ブロックストレージは、仮想マシンの外部ストレージとして利用するほか、スナップショットによりバックアップ用ストレージとしても利用できる。1つの仮想マシンに対して5つまでアタッチ可能。仮想マシンとは独立して管理、運用でき、1Gバイトから2Tバイトまで1Gバイト単位で任意の容量を設定できる。

 ロードバランサは、ラウンドロビンまたは最小コネクション数により、グループ内の仮想マシンを負荷分散する。障害自動検出機能を備え、異常を検知した場合は、その仮想マシンをグループから切り離し、異常回復を確認したら再度グループ内へ取り入れる。

 オートスケールは、CPU使用率、アクセス量などに応じて自動的に仮想マシンの数を増減(スケーリング)させる仕組みである。増減の基準は利用者側で任意に設定できる。仮想マシン数の増減は動的に実行し、個別の仮想マシンを停止する必要がない。

 ほかに、ドメイン取得代行サービスやSSLサーバ証明書を提供する。SSLサーバ証明書はGMOグローバルサインの証明書を採用。同一コモンネーム内であれば複数の仮想マシンに利用できる。

FUSION Cloudの管理コンソール画面イメージ
FUSION Cloudの管理コンソール画面イメージ(楽天コミュニケーションズ提供)
FUSION Cloudのまとめ
用途と機能初期費用なしで始められるIaaS型パブリッククラウド
特徴管理コンソール、仮想マシン、利用統計を基本サービスとし、ファイアウォール、モニタリング、固定IPアドレス、ブロックストレージ、テンプレート、ロードバランサ、オートスケールの各サービスをオプションで提供する
税別価格standard-light(2FCU、メモリ2Gバイト)が月額1万480円、従量課金の場合は17.47円/1時間
standard-mid(4FCU、メモリ4Gバイト)が月額1万9980円、従量課金の場合は33.30円/1時間
standard-large(8FCU、メモリ8Gバイト)が月額3万7080円、従量課金の場合は61.80円/1時間
standard-xlarge(16FCU、メモリ16Gバイト)が月額7万1980円、従量課金の場合は119.97円/1時間、など
導入企業大興電子通信、ジオシス合同会社、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]