帳票管理 伊藤忠テクノソリューションズ

ePromo:請求書や明細書を販促ツールにも活用できる電子帳票サービス

クラウド型電子帳票サービスの「ePromo」は、請求書や明細書などを電子化するとともに、請求書や利用明細書は開封率が高いことから販促ツールとして活用することを狙っている。

ePromoのポイント

  • 請求書や明細書などの帳票を電子化して販促ツールとしても活用
  • 郵送やコールセンターの費用削減と閲覧率の向上が期待できる
  • 専用帳票は不要でさまざまなレイアウトに対応

ePromoの製品解説

 伊藤忠テクノソリューションズの「ePromo」はクラウド型の電子帳票サービスだ。紙で発行している請求書や明細書を電子化するとともに、販促ツールとして活用することもできる。

編集部おすすめの関連記事

 請求書や利用明細のフォームに、顧客の属性や利用実績にあわせた広告や案内を自動で振り分けられる。開封率の高い請求書や利用明細書をプロモーションのツールとして活用できる。

 ウェブページ、PDFファイル、メールといった電子帳票のほか、ファクス、明細書、圧着はがきによる郵送など、さまざまな出力を選択できる。メディアに応じてデザインやレイアウトの変更が可能となっている。

 専用帳票が不要でさまざまなレイアウトに対応できる。従来にないパターンの請求書など、例外的なフォーム発行にも対応が可能だ。専用帳票を管理、印刷する費用も削減できるとしている。

ePromoのイメージ図
ePromoのイメージ図(伊藤忠テクノソリューションズ提供)
ePromoのまとめ
用途と機能クラウド型の電子帳票サービス
特徴紙で発行している請求書や明細書を電子化することで、郵送やコールセンターの費用削減と閲覧率の向上が期待できる。開封率の高い請求書や利用明細書をプロモーションのツールとして活用できる
導入企業出光興産

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan