BPM アプレッソ

DataSpider BPM:マウスで設計できるBPMシステム--プロセスを可視化して改善

ビジネスプロセス管理(BPM)システムの「DataSpider BPM」は、業務手順をフローチャートで定義して業務プロセスを管理できる。ログを管理することで業務プロセスを改善することもできる。

DataSpider BPMのポイント

  • マウス操作で“絵を描く”ように設計できるBPMシステム
  • 業務手順をフローチャートで定義することで業務を効率化する
  • データ統合(ETL)ツールを併用して業務システムと連携できる

DataSpider BPMの製品解説

 アプレッソの「DataSpider BPM」は、マウス操作で“絵を描く”ように設計できるビジネスプロセス管理(BPM)システムだ。業務手順をフローチャートで定義することで、申請や承認、依頼、確認といった業務プロセスを管理するほか、業務過程で見積書や請求書などの文書を自動的に作成したり、メールを送信したりして業務を効率化する。

編集部おすすめの関連記事

 業務プロセスの進行具合を可視化することで、「どの仕事にどれくらいの時間がかかっているのか」「どれくらいの仕事が発生したのか」といった業務の状況を監視できる。また、商品の売り上げが計上されないときには、「営業は売り上げを計上しているが、経理の月次処理が間に合っていない」など、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールだけでは分からないボトルネックも明らかにできるとしている。

 ログ管理機能では、「いつ誰が、どんな処理をして、どのような結果になったか」を記録する。「誰がスタートさせたか」「誰が承認したか」「誰が遅らせたのか」といった状況が把握できるため、業務プロセスの改善に役立つ。

 同社のデータ統合(ETL)ツール「DataSpider Servista」を併用すれば、業務システムと連携できる。業務システムで管理する商品情報や在庫情報などを自動的に組み込めるため、データ入力の手間やミスを軽減できる。データにしきい値を設定して処理のフローを変更することも可能だ。

DataSpider BPMのまとめ
用途と機能マウス操作で“絵を描く”ように設計できるBPMシステム
特徴業務手順をフローチャートで定義することで、申請や承認、依頼、確認といったワークフローを管理するほか、業務過程で見積書や請求書などの文書を自動的に作成したり、メールを送信したりして業務を効率化する
税別価格基本パッケージ(通常版):CPUあたり150万円
ユーザーパック:100万円(50ユーザー)から
年間サポートサービス:ライセンス価格の20%
導入企業ニッポンダイナミックシステムズ、日産化学工業、良品計画、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]