PBX

Asterisk:APIで外部連携できるオープンソースのIP-PBXソフト

オープンソースのIP-PBXソフトウェアである「Asterisk」は、外線受発信、自動音声応答、自動着信呼配分などの機能を備えるほか、APIで外部のアプリケーションと連携できる。

Asteriskのポイント

  • オープンソースのIP-PBXソフトウェア
  • 外線受発信、自動音声応答、自動着信呼配分などの機能を備える
  • APIで外部のアプリケーションと連携できる

Asteriskの製品解説

 Digiumの「Asterisk」は、オープンソースのIP-PBXソフトウェアだ。外線受発信、内線通話、転送、ボイスメール、自動音声応答、音声会議、スケジュール、自動着信呼配分などの機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 APIが公開されており、外部のアプリケーションと連携できる。例えば、顧客関係管理(CRM)システムと連動して通話相手の情報を画面に表示するといったことが可能だ。

 通信プロトコル「SIP(Session Initiation Protocol)」や「H.323」に対応したIP電話機を利用できる。Linux、FreeBSD、OpenBSD、NetBSD、Solaris、OS Xなどのプラットフォームで動作する。

Asteriskのまとめ
用途と機能オープンソースのIP-PBXソフトウェア
特徴外線受発信、内線通話、転送、ボイスメール、自動音声応答、音声会議、スケジュール、自動着信呼配分などの機能がある。APIが公開されており、外部のアプリケーションと連携できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan