コールセンター・コンタクトセンター

FUSION Connect 2.0:コールセンターに必要な機能を備えたクラウド型電話受付システム

クラウド型電話受付システムの「FUSION Connect 2.0」は、コールセンターに必要な機能を提供する。専用のハードウェアやソフトウェアの導入、設定が不要。IP電話網「FUSION IP-Phone」を使用する。

FUSION Connect 2.0のポイント

  • コールセンター業務に必要な機能を備えたクラウド型電話受付システム
  • 専用のハードウェアやソフトウェアの導入、設定が不要
  • 自動音声応答や転送、保留、チャット、電話会議などの機能を提供

FUSION Connect 2.0の製品解説

 楽天コミュニケーションズの「FUSION Connect 2.0」は、コールセンター業務に必要な機能を提供するクラウド型の電話統合(Computer Telephony Integration:CTI)システムだ。専用のハードウェアやソフトウェアの導入、設定が不要なため、コールセンターを開設するまでの期間を短縮できる。オペレーター1~100人のインバウンドでの利用を想定している。

編集部おすすめの関連記事

 自動音声応答や転送、保留、チャット、電話会議などの機能をクラウドサービスで提供する。同社のIP電話網「FUSION IP-Phone」を使用する。通話機能を備えたクライアントPCに専用ソフト「HUD」を導入することで、コールセンター用の端末として利用できる。一般電話からの電話をFUSION Connect 2.0で着信管理し、IP電話網を介して顧客企業の端末へ接続する仕組みだ。

 HUDは、保留や転送、チャット、割り込み、在席管理など、オペレーターの支援機能を備える。HUDを利用すれば、専用のハードやソフトで構築したコールセンターと同等の機能を実現できるとしている。

 基本的なビジネスフォン機能を備えた「BASIC」ライセンスと、コールセンター業務に必要な機能を備えた「Call Center」ライセンスの2つがある。加えて、FUSION IP-Phoneの回線費用が別途必要になる。

 通話の録音、検索、再生が可能な「全通話録音」、複数テナントの一括管理と内線通話を可能にする「リンクサーバ」、ユーザー拠点とFUSION Connect 2.0の間を仮想私設網(VPN)で接続する「専用サーバ限定」といった機能をオプション提供する。

HUDの利用イメージ
HUDの利用イメージ(楽天コミュニケーションズ提供)
FUSION Connect 2.0のまとめ
用途と機能コールセンター業務に必要な機能を提供するクラウド型のCTIシステム
特徴専用のハードウェアやソフトウェアの導入、設定が不要なため、コールセンターを開設するまでの期間を短縮できる。 インターネット回線と通話機能の付いたパソコンがあれば、最短2週間でコールセンターを開設できる。自動音声応答や転送、保留、チャット、電話会議などの機能をクラウドサービスで提供する
税別価格BASICライセンス(最小5席):1席あたり月額2000円、Call Centerライセンス(最小2席):1席あたり9500円
導入企業楽天マート、弁護士法人ITJ法律事務所、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan