開発ツール 開発 ファイルメーカー

FileMaker Pro:プログラミングを知らなくてもできる業務アプリの開発ツール

開発ツールの「FileMaker Pro」は、モバイルやデスクトップ向けの業務アプリケーションを作成できる。ソフトウェアの開発経験や専門的なITスキルがなくても、連絡先や目録、請求書、資産などを管理できる

FileMaker Proのポイント

  • モバイルやデスクトップ向け業務アプリケーションの開発ツール
  • 連絡先や目録、プロジェクト、請求書、資産などを管理できる
  • ソフトウェアの開発経験や専門的なITスキルがなくても扱える

FileMaker Proの製品解説

 ファイルメーカーの「FileMaker Pro」は、iPadやiPhone、Windows、Mac、ブラウザなどで動作する業務アプリケーションの開発ツールだ。連絡先や目録、プロジェクト、請求書、資産などを管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 付属のデザインツールを使用して、レイアウトの表示や機能を作成できる。ソフトウェアの開発経験や専門的なITスキルがなくても扱えるという。

 レポートツールとグラフ作成ツールを使えば、概要レポートやカラフルなグラフ、経営者向けのダッシュボードを、マウス操作だけで作成できる。データはExcelやPDFの形式で保存する。

 CSV、タブ区切り、XML、ODBC、Excelファイルなど、既存のデータを取り込める。Microsoft SQL Server、Oracle Database、MySQLなどのデータソースと、双方向のライブ接続をすることも可能だ。

FileMaker Proで作ったアプリケーションのイメージ
FileMaker Proで作ったアプリケーションのイメージ(ファイルメーカー提供)
FileMaker Proのまとめ
用途と機能iPadやiPhone、Windows、Mac、ブラウザなどで動作する業務アプリケーションの開発ツール
特徴連絡先や目録、プロジェクト、請求書、資産などを管理できる。ソフトウェアの開発経験や専門的なITスキルがなくても扱える
税別価格FileMaker Pro 15は3万8000円、FileMaker Pro 15 Advancedは6万3000円
導入企業豊田信用金庫、ネクスコ・メンテナンス東北、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan