PC 運用管理 富士通クラウドテクノロジーズ

まかせて情シス:中小企業向け運用支援サービス--会社PCを一括管理

IT運用支援サービスの「まかせて情シス」は、クライアントPCの運用管理を代行支援する。セキュリティ、バックアップ、ヘルプデスクのサービスを提供する。情報システム要員がいないような中小企業の利用が適している。

まかせて情シスのポイント

  • クライアントPCの運用管理を代行支援するサービス
  • 情報システム要員がいないような中小企業での利用を想定
  • セキュリティ、バックアップ、ヘルプデスクのサービスを提供

まかせて情シスの製品解説

 ニフティの「まかせて情シス」は、クライアントPCの運用管理を代行支援するサービスだ。情報システム要員がいないような中小企業での利用を想定している。

編集部おすすめの関連記事

 「セキュリティ」「バックアップ」「ヘルプデスク」の3種類のサービスを提供する。最上位プランでは、同社スタッフが毎月1回の頻度で顧客企業を訪問し、ITシステムについての相談や、IT機器の管理台帳とネットワーク構成図の作成、セキュリティとバックアップの設定、適用状況の確認などを実施する。

 セキュリティサービスは、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」を利用して、社内のセキュリティを一元的に管理するサービスだ。OSとして、Windows、OS X、Android、iOSを搭載したデバイスが対象となる。ネットワークに接続されたデバイスに対して、ファイアウォール、不正侵入防御(IPS)、ウェブサイトやファイルの評価情報、挙動監視(Host Intrusion Prevention System:HIPS)などのセキュリティ機能を提供する。ブラウザベースの管理コンソールから一括管理することが可能だ。

 バックアップサービスは、AOSデータのクラウド型バックアップサービス「AOSBOX Business」を利用して、デバイス内のデータをクラウドにバックアップするサービスだ。バックアップ対象を選択して実行ボタンを押すだけで、全自動でバックアップを実行する。管理者がバックアップの対象や保存間隔などのポリシーを設定して一元管理することも可能だ。

 ヘルプデスクは、利用者の要望に応じてチャットや電話、遠隔操作で運用をサポートするサービスである。

 契約プランは、チャット、電話、リモートサポートが毎月1件までの「ライト」、無制限の「スタンダード」、スタンダードの内容に加えて定期訪問サービスが付随する「プレミアム」の3種類がある。

セキュリティサービスの利用イメージ
セキュリティサービスの利用イメージ(ニフティ提供)
まかせて情シスのまとめ
用途と機能中小企業向けのIT運用支援サービス
特徴クラウドサービスを利用してセキュリティ対策とバックアップに関する運用管理業務を代行する。ヘルプデスクや訪問サービスも提供
税別価格ライト:1台あたりの換算で月額600円から、スタンダード:月額1333円から、プレミアム:月額2000円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan