ETL EAI/ESB セゾン情報システムズ

DataMagic:GUIの設定だけで複雑なプログラム開発が不要なETLツール

ETLツールの「DataMagic」は、ノンプログラミングでデータを加工できる。GUIによる設定だけで複雑なプログラム開発は不要である。RDBMSやExcelとの連携機能をオプションで提供する。

DataMagicのポイント

  • ノンプログラミングでデータを加工できるETLツール
  • マッチング、マージ、出力先振り分けなどの機能を備える
  • データベースやExcelと連携する機能をオプション提供

DataMagicの製品解説

 セゾン情報システムズの「DataMagic」は、ノンプログラミングでデータを加工できるデータ連携(ETL)ツールだ。GUIによる設定だけで複雑なプログラム開発は不要である。

編集部おすすめの関連記事

 データフォーマットの一括変換や必要なデータのみを抽出してデータベースへ格納するETL機能を提供する。ETLツールは、データの変換や加工などのルール設定をプログラミングで記述するケースが多い。DataMagicでは、マウスやメニュー操作だけで設定できる点が大きな特徴だ。以下の基本機能を利用できる。

  • マッチング:複数のデータファイルをキー値で統合
  • マージ:複数のデータファイルを単一のファイルに統合
  • 出力先振り分け:入力したデータを抽出条件に沿って、複数の出力ファイルを振り分ける
  • 数値項目演算:入力データを演算した結果を出力
  • データ抽出:入力データから指定した条件に合致したデータのみを抽出
  • 項目入れ替え:入力データの順番を指定条件よって入れ替えて別のフォーマットにする
  • 項目結合と分割:単一項目を複数項目に分解したり、複数項目を単一項目に結合したりする

 「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「DB2」「PostgreSQL」といった主要なデータベース管理システム(DBMS)と連携する「DB連携機能」や、フォーマットの異なる複数のExcelファイルから指定した項目を入出力する「Excel連携機能」をオプション提供する。これらを組み合わせれば、ExcelデータからDBMSへの登録までを自動化することが可能だ。

DataMagicの利用イメージ
DataMagicの利用イメージ(セゾン情報システムズ提供)
DataMagicのまとめ
用途と機能ノンプログラミングでデータを加工できるETLツール
特徴マッチング、マージ、出力先振り分け、数値項目演算、データ抽出、項目入れ替え、項目結合と分割などの基本機能を備える。オプションでデータベースやExcelと連携する機能を提供
導入企業三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、富士重工業、NTTコムウェア、狭山市役所、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan