ネットワーク セキュリティ マルウェア対策 標的型攻撃対策 PFU

iNetSec Intra Wall:未知のマルウェアも検知する専用機--感染端末を遮断

セキュリティアプライアンスの「iNetSec Intra Wall」は、ネットワーク内の通信を監視し、振る舞いからマルウェアを検知する。ネットワークの出入口対策だけでは防ぎきれない被害の拡散を抑える。

iNetSec Intra Wallのポイント

  • ネットワークを監視し、振る舞いからマルウェアを検知するアプライアンス
  • 出入口対策だけでは防ぎきれないセキュリティ被害の拡散を抑える
  • 攻撃者のツールを検知し、マルウェアに感染した端末を自動的に遮断する

iNetSec Intra Wallの製品解説

 PFUの「iNetSec Intra Wall」は、ネットワーク内の通信を監視し、既知と未知のマルウェアの振る舞いを検知するセキュリティアプライアンスだ。ネットワークの出入口対策だけでは防ぎきれないセキュリティ被害の拡散を抑えるものだ。

編集部おすすめの関連記事

 マルウェアを検知し、感染した端末を遮断するためのアプライアンスである「センサ」と、センサを統合管理するソフトウェアである「マネージャ」で構成される。

 センサは、監視するネットワークセグメントのスイッチと接続され、セグメント内の通信を監視する。マルウェアの活動を検知すると、当該の端末を遮断する機能を備える。ファイル共有ソフトやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)など、業務での利用を禁止しているアプリケーションの利用を検知することも可能だ。

 マルウェアの検知技術は、富士通研究所が開発した「感染拡大検知」技術と「諜報活動検知」技術のライセンスを受けて利用している。感染拡大検知技術は、マルウェアの感染拡大で特徴的に見られる端末間の通信を検知する。諜報活動検知技術は、マルウェアの諜報活動段階での通常と異なる不正意図を持った端末間通信を検知する。未知のマルウェアにも対応できるとしている。

 年間利用ライセンスでは、アップデートプログラムのほか、禁止アプリケーションの情報や機器の情報をファイル化した辞書を提供する。

iNetSec Intra Wallを導入したネットワーク構成
iNetSec Intra Wallを導入したネットワーク構成(PFU提供)
iNetSec Intra Wallのまとめ
用途と機能ネットワーク内の通信を監視し、既知と未知のマルウェアの振る舞いを検知するアプライアンス製品
特徴ネットワークの出入口対策だけでは防ぎきれないセキュリティ被害の拡散を抑える。攻撃者が利用するツールを検知し、マルウェアに感染した端末を自動的に遮断する機能を備える

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan