BI NTTテクノクロス

InfoCabina Cloud BI:ExcelとDBエンジンで集計分析できるクラウド型BI

クラウド型BIサービスの「InfoCabina Cloud BI」は、データベースとデータ集計ツールを統合しており、BI製品「Dr.Sum EA」のエンジンを採用している。20~30人規模での利用を想定している。

InfoCabina Cloud BIのポイント

  • データベースとデータ集計ツールを統合したクラウド型BI
  • BI製品「Dr.Sum EA」のエンジンを採用
  • 20~30人規模での利用を想定

InfoCabina Cloud BIの製品解説

 NTTソフトウェアの「InfoCabina Cloud BI」は、データベースとデータ集計ツールを統合したクラウド型ビジネスインテリジェンス(BI)サービスである。ウイングアーク1stのBI製品「Dr.Sum EA」のエンジンを採用している。利用者数に制限はなく、20~30人規模での利用を想定している。

編集部おすすめの関連記事

 Excel集計、ウェブ集計、グラフ集計という3つのBIツールと、データを管理するデータベースエンジンで構成される。これに、ネットワークとサーバ環境を提供するプラットフォームサービス、運用監視と窓口業務を行う保守サービスが付帯する。

 Excel集計ツールは、データベースエンジンから集計結果を受け取り、表計算ソフト「Microsoft Excel」で集計分析するための機能だ。Excelデータをデータベースエンジンにインポートすることもできる。

 ウェブ集計ツールは、データベースエンジンから受け取った集計結果を、ブラウザで簡易的に集計分析する機能だ。グラフ集計ツールは、ブラウザでグラフやチャートを可視化する機能を提供する。

InfoCabina Cloud BIのまとめ
用途と機能データベースとデータ集計ツールを統合したクラウド型BI
特徴Excel集計、ウェブ集計、グラフ集計という3つのBIツールと、データを管理するデータベースエンジンで構成される。ネットワークとサーバ環境を提供するプラットフォームサービス、運用監視と窓口業務を行う保守サービスが付帯
税別価格初期導入費用:10万円、月額利用料:25万円から
導入企業ネクスウェイ、など

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]