BI RDBMS

PowerFolder:BI機能を備えたデータ管理ソフト--SQLなどの専門知識は不要

データ管理ソフトの「PowerFolder」は、ビジネスインテリジェンス(BI)機能をあわせ持っている。リレーショナルデータベース(RDB)のようなデータ管理機能を持ち、SQLなどの知識がなくてもデータを集計、分析できる。

PowerFolderのポイント

  • BI機能を備えたデータ管理ソフト
  • RDBのようなデータ管理機能を持つ
  • 専門知識がなくてもデータを集計、分析できる

PowerFolderの製品解説

 エイコットの「PowerFolder」は、ビジネスインテリジェンス(BI)機能を備えたデータ管理ソフトである。リレーショナルデータベース(RDB)のようなデータ管理機能を持ち、SQLなどの知識がなくても、データの集計や分析をはじめ、グラフ、レポート、ダッシュボードなどを作成できる。

編集部おすすめの関連記事

 蓄積した表形式データを整理、分類、抽出して、さまざまな視点や条件からデータを集計、分析できる。一覧表示した検索結果は、視点や条件を変更、追加したりしながら繰り返し集計できる。

 「見出」「条件」「列挙」の3種類の仮想的なフォルダを組み合わせて表形式のデータを検索、整理、分類する。フォルダをクリックすると、そこに設定されている指示に従って実データからデータを検索して表示する仕組みとなっている。

 見出フォルダは、下位のフォルダを識別しやすくするための見出しに使う。条件フォルダでは、ANDを直列、ORを並列に作図して検索条件を設定。列挙フォルダは、指定するカラムの内容が重複しないようにフォルダを自動生成する。

 複数の表を関連付ける「表の結合」機能を装備。例えば、商品、顧客、従業員など独立した表を販売管理の表に関連付けて、1つの表のように扱うことができる。

 データを集計した結果をグラフ表示、印刷、ファイル保存できる。HTML形式で出力することも可能で、集計結果はHTMLのテーブルに、グラフはGIF形式のイメージファイルに変換する。

 文字列操作、カラム間の演算、日付、他表のデータ操作などに用いる基本的な組み込み関数を用意する。拡張カラムに記述した関数はデータを検索する時に実行し、フォルダに記述した関数は実行する場面を設定できる。

 ほかに、CVS形式データの入出力、操作ログの記録、アクセス制御などの機能を備える。アクセス制御では、表、フォルダ、レコードの単位で、登録した利用者あるいはグループごとにアクセス権を設定できる。

PowerFolderの画面
PowerFolderの画面(エイコット提供)
PowerFolderのまとめ
用途と機能BI機能を備えたデータ管理ソフト
特徴RDBのようなデータ管理機能を持ち、SQLなどの知識がなくても、データの集計や分析をはじめ、グラフ、レポート、ダッシュボードなどを作成できる
動作環境Windows
表に関する仕様最大カラム数/表:6万4000、最大レコード長:120Kバイト、最大レコード数/表:約40億、最大サイズ/表:52Gバイト
税別価格8万8000円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan