勤怠管理・労務管理 プロジェクト管理 科学情報システムズ

勤時:プロジェクト工数も管理できる勤怠管理システム--メンタルヘルス対策にも

クラウド型の勤怠管理システムの「勤時」は、プロジェクトの工数管理機能も備えている。総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減する。

勤時のポイント

  • プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム
  • 総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減
  • メンタルヘルス対策にも利用できる

勤時の製品解説

 科学情報システムズの「勤時」は、プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つクラウド型の勤怠管理システムだ。総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減する。勤怠やプロジェクト工数を一覧表示でき、累計作業時間や年休取得可能日数をいつでも確認できる。

編集部おすすめの関連記事

 従業員が入力する作業時間に基づいて、プロジェクトごとに作業工数を管理する。複数のプロジェクトにまたがる作業工数も管理できる。入力した作業工数は、一覧で確認できるほか、プロジェクトごと、社員ごとなどさまざまな切り口で閲覧可能だ。

 半休や有休、フレックスタイムなどの各種申請から上司の承認といった勤怠状況を処理できる。超過勤務時間を管理することでメンタルヘルス対策にも利用できる。

 アプリケーションをインストールすることなくiOS、Android搭載のスマートフォンのブラウザから勤怠を入力できる。

勤怠管理の画面
勤怠管理の画面(科学情報システムズ提供)
勤時のまとめ
用途と機能プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム
特徴従業員が入力する作業時間に基づいて、プロジェクトごとに作業工数を管理する。複数のプロジェクトにまたがる作業工数も管理できる。超過勤務時間を管理することでメンタルヘルス対策にも利用可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]