勤怠管理・労務管理 プロジェクト管理 科学情報システムズ

勤時:プロジェクト工数も管理できる勤怠管理システム--メンタルヘルス対策にも

クラウド型の勤怠管理システムの「勤時」は、プロジェクトの工数管理機能も備えている。総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減する。

勤時のポイント

  • プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム
  • 総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減
  • メンタルヘルス対策にも利用できる

勤時の製品解説

 科学情報システムズの「勤時」は、プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つクラウド型の勤怠管理システムだ。総務部門やプロジェクト管理者の作業を効率化し、管理コストを削減する。勤怠やプロジェクト工数を一覧表示でき、累計作業時間や年休取得可能日数をいつでも確認できる。

編集部おすすめの関連記事

 従業員が入力する作業時間に基づいて、プロジェクトごとに作業工数を管理する。複数のプロジェクトにまたがる作業工数も管理できる。入力した作業工数は、一覧で確認できるほか、プロジェクトごと、社員ごとなどさまざまな切り口で閲覧可能だ。

 半休や有休、フレックスタイムなどの各種申請から上司の承認といった勤怠状況を処理できる。超過勤務時間を管理することでメンタルヘルス対策にも利用できる。

 アプリケーションをインストールすることなくiOS、Android搭載のスマートフォンのブラウザから勤怠を入力できる。

勤怠管理の画面
勤怠管理の画面(科学情報システムズ提供)
勤時のまとめ
用途と機能プロジェクトの工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム
特徴従業員が入力する作業時間に基づいて、プロジェクトごとに作業工数を管理する。複数のプロジェクトにまたがる作業工数も管理できる。超過勤務時間を管理することでメンタルヘルス対策にも利用可能

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]