CRM

多くのシステムが以前より利用しやすく--小企業向けCRMを選ぶ際に確認すべき5項目

小企業であっても、適切なツールを見つけ出す作業では大企業と同じ課題にぶつかることが多い。当記事は、小企業向け顧客関係管理(CRM)ソフトウェアを吟味する際のポイントを紹介する。

 多くの大企業は、片時も顧客関係管理(CRM)ソフトウェアとの縁が切れない。もっとも、CRM導入のメリットがあるのは大企業にとどまらず、小企業でも恩恵は得られる。

 CRMは自分たちに関係ない、と考える小企業は多かった。小企業は、「Excel」で管理している顧客リストをCRMへ移すのにコストと手間をかけることなど価値がない、と感じているのだろう。ところが、クラウドベースのサブスクリプションモデルと従量課金制の料金体系が広まったことで、多くのCRMシステムが以前より利用しやすくなった。

 ただし、採用すべきCRMを決める、という課題は残ったままだ。業界を代表するSalesforceのようなベンダーに加え、比較的新しいが実績のあるベンダーやスタートアップベンダーなどが、小企業に特化したツールや料金メニューをたくさん用意している。ここでは、小企業向けCRMソリューションを選ぶ際にポイントとなる確認事項を5つ紹介する。

(1)何が目的なのか?

  小企業においては、どのようなツールやプロダクトであっても導入目的の定義から始めなければならない。451 ResearchアナリストのSheryl Kingstone氏は、この問いかけ答えるスタート地点として、CRMで何をしたいのか決めることがよいとした。

残り本文:約2495文字 ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]