ミドルウェア 株式会社高速屋

高速機関:大量データの分析に特化したインメモリ型データ処理エンジン

インメモリ型データ処理エンジンの「高速機関」は、大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術でSQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能である。

高速機関のポイント

  • 独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジン
  • SQLとプロシージャを高速実行する
  • ODBCとJDBCを使用して、固有システムやアプリケーションに実装可能

高速機関の製品解説

 高速屋の「高速機関」は、独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジンである。大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術でSQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能である。

編集部おすすめの関連記事

 大容量メモリを効率よく割当、解放できるメモリ管理機構を搭載。マルチコアCPUに対応したオーバーヘッドの少ない並列処理が可能なスケジューリング機構により、大規模データの高速処理を実現した。

 また、データベースへの登録処理(ローディング)を高速化。追加登録、洗い替え、その他の大量データのバッチ処理を高速実行できるようにした。データベースが一般に不得手とする文字列中間一致検索も高速実行できる。

 データをメモリに展開する際に、辞書化とIDテーブルにより、テーブルサイズを元データ以下にコンパクト化。1クエリあたり1CPUコアの高速実行により、多重クエリにおいて高いスループットを実現する。

 最新版の「高速機関6」では新たにビュー機能を搭載。テーブルの結合を伴わない方式を採用して、ビューテーブルによる高速処理を実現した。ユーザーは正規形テーブルのスキーマ構造にとらわれないシンプルなテーブル参照が可能になった。

 高速機関6ではさらに、開発運用支援ツールとして「YUKI-GDP Explorer」を提供する。同ツールは、データベース設計やSQL/プロシージャ開発を支援する機能、テーブルやリソースの統計トレース機能、SQL実行時間やリソース使用状況のリアルタイム監視機能を備える。

高速機関の適用領域と提供機能
高速機関の適用領域と提供機能(高速屋提供)
高速機関のまとめ
用途と機能独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジン
特徴大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術で、SQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能
導入企業アルペン、藤久、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan