ミドルウェア 株式会社高速屋

高速機関:大量データの分析に特化したインメモリ型データ処理エンジン

インメモリ型データ処理エンジンの「高速機関」は、大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術でSQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能である。

高速機関のポイント

  • 独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジン
  • SQLとプロシージャを高速実行する
  • ODBCとJDBCを使用して、固有システムやアプリケーションに実装可能

高速機関の製品解説

 高速屋の「高速機関」は、独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジンである。大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術でSQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能である。

編集部おすすめの関連記事

 大容量メモリを効率よく割当、解放できるメモリ管理機構を搭載。マルチコアCPUに対応したオーバーヘッドの少ない並列処理が可能なスケジューリング機構により、大規模データの高速処理を実現した。

 また、データベースへの登録処理(ローディング)を高速化。追加登録、洗い替え、その他の大量データのバッチ処理を高速実行できるようにした。データベースが一般に不得手とする文字列中間一致検索も高速実行できる。

 データをメモリに展開する際に、辞書化とIDテーブルにより、テーブルサイズを元データ以下にコンパクト化。1クエリあたり1CPUコアの高速実行により、多重クエリにおいて高いスループットを実現する。

 最新版の「高速機関6」では新たにビュー機能を搭載。テーブルの結合を伴わない方式を採用して、ビューテーブルによる高速処理を実現した。ユーザーは正規形テーブルのスキーマ構造にとらわれないシンプルなテーブル参照が可能になった。

 高速機関6ではさらに、開発運用支援ツールとして「YUKI-GDP Explorer」を提供する。同ツールは、データベース設計やSQL/プロシージャ開発を支援する機能、テーブルやリソースの統計トレース機能、SQL実行時間やリソース使用状況のリアルタイム監視機能を備える。

高速機関の適用領域と提供機能
高速機関の適用領域と提供機能(高速屋提供)
高速機関のまとめ
用途と機能独自開発のインメモリ技術を用いたデータ処理エンジン
特徴大量データの分析や解析に特化したインメモリ技術で、SQLとプロシージャを高速実行する。ODBCとJDBCを使用して、固有のシステムやアプリケーションへの実装が可能
導入企業アルペン、藤久、など

「ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]