統計解析

Visual Mining Studio:前処理から分析までを簡単にできるデータマイニングツール

データマイニングツールの「Visual Mining Studio」は、大量データの中から規則性や新たな知見を見つけ出すといった分析処理に向いている。必要なデータの前処理から加工、分析までをノンプログラミングで開発できる。

Visual Mining Studioのポイント

  • 大量データから規則性や知見を見つけ出すためのデータマイニングツール
  • データの前処理から加工、分析までをノンプログラミングで開発できる
  • 製造や流通、金融、通信、運輸、バイオなどの分野で導入

Visual Mining Studioの製品解説

 NTTデータ数理システムの「Visual Mining Studio(VMStudio)」は、大量データの中から規則性や新たな知見を見つけ出すといった分析処理に向いたデータマイニングツールである。製造や流通、金融、通信、運輸、バイオなどの分野で導入されているという。

編集部おすすめの関連記事

 同社のデータ分析基盤ソフト「Visual Analytics Platform(VAP)」を利用することで、データマイニングに必要なデータの前処理から加工、分析までをノンプログラミングで開発できる。

 VMStudioとVAPが提供するビジュアルプログラミング環境は、データ処理の流れをアイコンをつなぎ合わせて作るもので、専門知識がなくても使いこなせる。モジュールやスクリプトを組み合わせて複雑な処理も構築できる。

 VMStudioは、データの前処理を支援するために、データの欠損値の補完やフィルタリング、ソート、正規化などの各種機能を搭載する。

 分析機能としては、(1)統計量(合計、平均、分散、最大、最小など)の算出や群間比較、RFM分析を行う「集計」、(2)決定木やk近傍法、ニューラルネットワークなどの機能を備えた「分類分析」、(3)BIRCH、K平均法、OPTICSなどの機能を備えた「クラスタ分析」、(4)アソシエーション分析やインタラクティブルール分析、関連性ダイアグラム分析などの機能を備えた「アソシエーション分析」、(5)対応分析や主成分分析、カーネル主成分分析などの機能を備えた「多変量解析」――などを備える。

Visual Mining Studioのビジュアルプログラミング環境
Visual Mining Studioのビジュアルプログラミング環境(NTTデータ数理システム提供)
Visual Mining Studioのまとめ
用途と機能大量データから規則性や知見を見つけ出すためのデータマイニングツール
特徴同社のデータ分析基盤ソフトを利用することで、データマイニングに必要なデータの前処理から加工、分析までをノンプログラミングで開発できる
導入企業 オムロン、キヤノン、JFEスチール、ユナイテッドアローズ、ジャパンネット銀行、ソフトバンクBB、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan