EAI/ESB アプレッソ

Thunderbus:オンプレミスのデータをクラウドで利用できる連携ツール

データ連携ツールの「Thunderbus」は、オンプレミス環境のデータをクラウドで利用できるようにする。専用線や仮想私設網(VPN)を使わずに、オンプレミス環境のマシンにある特定のファイルやフォルダを、クラウド側と安全に連携させられる。

Thunderbusのポイント

  • オンプレミスのデータをクラウドで利用可能にするデータ連携ツール
  • 専用線やVPNを使わず、HTTPSでデータを連携する
  • 外出先や出張先から社内データを参照することも可能

Thunderbusの製品解説

 アプレッソの「Thunderbus」は、オンプレミス環境のデータをクラウドで利用できるようにするデータ連携ツールである。専用線や仮想私設網(VPN)を使わずに、オンプレミス環境のマシンにある特定のファイルやフォルダを、クラウド側と安全に連携させられる。

編集部おすすめの関連記事

 クラウド側に「Thunderbus Server」、オンプレミス側に「Thunderbus Agent」をそれぞれインストールして起動し、公開したいフォルダを設定するだけで利用できる。Thunderbus ServerとThunderbus Agentの間はHTTPSでデータを連携する。

 クラウドにデータを置かずに、オンプレミスにあるシステムやPCに保存したデータはそのままに、クラウドアプリケーションからデータを参照する。外出先や出張先からインターネット経由で、社内のオンプレミス環境のデータを参照するといったことも可能。

 例えば、店鋪PCのExcelにデータを入力してローカルに保存すれば、Thunderbusが本社で管理するパブリッククラウドのシステムにExcelのデータを自動的に保存するといった使い方が可能だ。

 同社のデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」でThunderbusを利用するための専用コネクタ「Thunderbusコネクタ」を標準装備。Thunderbusで共有しているデータをDataSpider Servistaで演算、変換してさまざまなシステムと連携できる。

Thunderbusの活用例
Thunderbusの活用例(アプレッソ提供)
Thunderbusのまとめ
用途と機能オンプレミス環境のデータをクラウドで利用できるようにするデータ連携ツール
特徴専用線や仮想私設網(VPN)を使わずに、オンプレミス環境のマシンにある特定のファイルやフォルダを、クラウド側と継ぎ目なく安全に連携させられる
対応OSThunderbus Server:Windows Server 2008/2012
Thunderbus Agent:Windows Server 2008/2012、Windows 7/8/8.1/10
税別価格基本構成(Thunderbus Server×1、Thunderbus File Agent×5、Thunderbusユーザー×5)のパッケージライセンスが100万円、月額ライセンス&サポートが5万8000円
導入企業アイランドゴルフ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan