帳票管理 BI

CROWNIX Report & ERS:帳票作成とBI機能を備えたレポーティング基盤

レポーティング基盤の「CROWNIX Report & ERS」は、企業内に散在するシステムからデータを横断的に検索、照会できる。ドリルダウンなどのBI機能も備える。

CROWNIX Report & ERSのポイント

  • 複数システムのデータを参照できるレポーティング基盤
  • ExcelやPDF形式での出力も可能
  • ドリルダウンなどのBI機能もある

CROWNIX Report & ERSの製品解説

 日本エムツーソフトの「CROWNIX Report & ERS」は、企業内に散在するシステムからデータを横断的に検索、照会できるレポーティング基盤だ。ExcelやPDF形式で出力するといったことも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 レポート上に用意された条件を選択するだけで、複数のシステムから集めたデータを「集計表」にまとめて表示する。集計表の集計行をクリックするだけで、対応する明細データをドリルダウンして照会できるなど、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールとしての機能もある。

 ExcelやPDFとしてレポートを出力する場合、プルダウンで検索条件を指定して目的のデータを抽出し、表示することができる。抽出したデータは、ExcelやPowerPoint、PDFなどのフォーマットに合わせた状態で表示を自動的に整えて出力する。

 データに応じて動的にページレイアウトを作成できるため、複雑なフォームや細かい表現も可能だ。帳票やレポートを作成する際にはプログラミングの知識や技術は必要ない。

 製品はサーバで動作するERS(データサーバとレポーティングサーバ)とクライアントで動作するReport(デザイナーとビューワ)で構成される。

CROWNIX Report & ERSのイメージ図
CROWNIX Report & ERSのイメージ図(日本エムツーソフト提供)
CROWNIX Report & ERSのまとめ
用途と機能企業内に散在するシステムからデータを横断的に検索、照会できるレポーティング基盤
特徴集計表の集計行をクリックするだけで、対応する明細データをドリルダウンして照会できるなど、BIツールとしての機能もある
税別価格ライトパッケージ年間利用ライセンスの場合、パッケージ代と製品保守代とあわせて年間36万円
導入企業甲府信用金庫、日陸、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan