ロボット

軟組織の手術が行える新たなロボット「STAR」--未来の外科医の姿か

軟組織の手術が行える新たなロボットが開発された。試験では、やはり人間の外科医より巧みに施術した。

 未来の外科医の姿が、映画「Short Circuit」(邦題「ショート・サーキット」)に登場するロボット「Johnny-Five」のようになる、と言いたいわけではない。ただし、手術を受ける患者の内臓に触れるのは、骨と肉からなる指でなくなり、金属になる可能性が高まっているらしい。研究者チームが米国ワシントンD.C.の小児国立医療センターと共同で、軟組織の手術が行えるロボットを開発したのだ。


「STAR」でブタの生体腸手術を行う博士研究員(ポスドク)のAzad Shademan氏と上級エンジニアのRyan Decker氏
Axel Krieger(小児国立医療センター)

残り本文:約1207文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]