ロボット

軟組織の手術が行える新たなロボット「STAR」--未来の外科医の姿か

軟組織の手術が行える新たなロボットが開発された。試験では、やはり人間の外科医より巧みに施術した。

 未来の外科医の姿が、映画「Short Circuit」(邦題「ショート・サーキット」)に登場するロボット「Johnny-Five」のようになる、と言いたいわけではない。ただし、手術を受ける患者の内臓に触れるのは、骨と肉からなる指でなくなり、金属になる可能性が高まっているらしい。研究者チームが米国ワシントンD.C.の小児国立医療センターと共同で、軟組織の手術が行えるロボットを開発したのだ。


「STAR」でブタの生体腸手術を行う博士研究員(ポスドク)のAzad Shademan氏と上級エンジニアのRyan Decker氏
Axel Krieger(小児国立医療センター)

残り本文:約1207文字 ログインして続きを読んでください。

「ロボット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]