ERP

S/4HANA導入で業績把握をリアルタイム化--NRIセキュア

NRIグループの情報セキュリティ専門会社であるNRIセキュアテクノロジーズは、業務の省力化と意思決定のスピードアップを目的として、これまで複数のシステムで構成されている業務システムを刷新し、新たに次世代ERP製品を基幹システムとして導入した。

TechRepublic Japan関連記事

 野村総合研究所グループのNRIセキュアテクノロジーズは、業務の省力化と意思決定のスピードアップを目的として、これまで複数のシステムで構成されている業務システムを刷新し、新たな統合基幹業務システム(ERP)製品を基幹システムとして導入した。3月28日にシステムが稼働し、4月11日に利用を開始した。

 導入したアプリケーションは、SAPジャパンが2015年11月12日に発表した「SAP S/4HANA Enterprise Management」。インフラとしてAmazon Web Services(AWS)を採用している。同システムは、S/4HANA Enterprise Managementの日本における初の導入事例になったとしている。

 NRIは2015年夏以降、NRIセキュアにS/4HANAの導入を進めてきた。今回、S/4HANA Enterprise Managementの販売開始から約4カ月という短期間でシステムの稼働に至った。早期に導入が完了した背景として、NRIがSAP本社やインドの開発チームと共同で実施したSAP S/4HANAのベータ版評価プロセスであるSAP Co-Innovation ProgramとPre Validation Programを経て、構築ノウハウを早くから蓄積したことを挙げている。

 NRIセキュアは、今回導入したS/4HANA Enterprise Managementを自社の購買、販売、プロジェクト管理、財務会計、管理会計、固定資産管理の領域に適用している。これにより、業績把握のリアルタイム化と業務の効率化を実現したとのこと。

 具体的な導入効果は以下の通り。

  • 全業務データをS/4HANA Enterprise Managementに集約し、業績把握を従来の月次からリアルタイム化した
  • 紙を用いた業務フローの全廃と電子承認による単純化したフローの導入により業務を効率化
  • SAPの経費精算業務SaaS「Concur」を採用し、スマートフォンなどからも社内の経費を精算できるようにしたことで、場所や時間に制約されない精算業務を実現した

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]