ERP

S/4HANA導入で業績把握をリアルタイム化--NRIセキュア

NRIグループの情報セキュリティ専門会社であるNRIセキュアテクノロジーズは、業務の省力化と意思決定のスピードアップを目的として、これまで複数のシステムで構成されている業務システムを刷新し、新たに次世代ERP製品を基幹システムとして導入した。

TechRepublic Japan関連記事

 野村総合研究所グループのNRIセキュアテクノロジーズは、業務の省力化と意思決定のスピードアップを目的として、これまで複数のシステムで構成されている業務システムを刷新し、新たな統合基幹業務システム(ERP)製品を基幹システムとして導入した。3月28日にシステムが稼働し、4月11日に利用を開始した。

 導入したアプリケーションは、SAPジャパンが2015年11月12日に発表した「SAP S/4HANA Enterprise Management」。インフラとしてAmazon Web Services(AWS)を採用している。同システムは、S/4HANA Enterprise Managementの日本における初の導入事例になったとしている。

 NRIは2015年夏以降、NRIセキュアにS/4HANAの導入を進めてきた。今回、S/4HANA Enterprise Managementの販売開始から約4カ月という短期間でシステムの稼働に至った。早期に導入が完了した背景として、NRIがSAP本社やインドの開発チームと共同で実施したSAP S/4HANAのベータ版評価プロセスであるSAP Co-Innovation ProgramとPre Validation Programを経て、構築ノウハウを早くから蓄積したことを挙げている。

 NRIセキュアは、今回導入したS/4HANA Enterprise Managementを自社の購買、販売、プロジェクト管理、財務会計、管理会計、固定資産管理の領域に適用している。これにより、業績把握のリアルタイム化と業務の効率化を実現したとのこと。

 具体的な導入効果は以下の通り。

  • 全業務データをS/4HANA Enterprise Managementに集約し、業績把握を従来の月次からリアルタイム化した
  • 紙を用いた業務フローの全廃と電子承認による単純化したフローの導入により業務を効率化
  • SAPの経費精算業務SaaS「Concur」を採用し、スマートフォンなどからも社内の経費を精算できるようにしたことで、場所や時間に制約されない精算業務を実現した

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]