プロジェクト管理 サイフォーマ

Sciforma:開始前に投資対効果も検証できるプロジェクトポートフォリオ管理

プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)ソフトの「Sciforma」は複数のプロジェクトを効率的に管理できる。プロジェクト開始前に投資対効果を検証する機能やプロジェクトの進捗状況なども把握できる機能を搭載している。

Sciformaのポイント

  • 複数のプロジェクトを効率的に管理
  • 期間やリソースなどから投資対効果を検証可能
  • ワークフローをユーザー企業が独自に定義可能

Sciformaの製品解説

 「Sciforma」は、複数のプロジェクトを効率的に管理するためのプロジェクトポートフォリオ管理(PPM)ソフト。プロジェクトマネージャと経営者向けに財務分析、キャパシティ計画、リスク管理、コスト管理、プロジェクト管理などの機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 新しいアイデアをプロジェクトとして進めるべきかどうかを分析、評価する。それぞれのアイデアを目的、企業戦略との整合性、リスク、利益などの観点から総合的に評価する。

 プロジェクトの期間やリソース要求、ユーザー企業独自の基準などで投資対効果を検討する機能もある。ビジネスの優先度やプロジェクトの戦略、リスク、ランク付けの基準などからアイデアに対して公平なスコアリングを定義できる。

 ユーザーが定義するワークフローでプロジェクトやドキュメント、課題などに対応する複数のステータスと、関連付いたアクションをあわせて定義できる。ステータスが遷移する際の承認ルールや条件を設定したり、所定のステータスになったときのアクセスの制御や追加設定を定義できる。

 各種標準レポートに加え、独自のレポートも作成できる。レポートの閲覧は無料であるため、すべての関係者がプロジェクトやリソースの状況を円グラフ、バブルチャート、棒グラフなどでリアルタイムに確認できる。

 Sciformaのダウンロードセンターから入手できるプラグインを使うことでJira、Googleカレンダー、MicrosoftのSharePointやOutlook、Salesforceなどの既存アプリケーションとプロジェクト管理に関連したデータを交換できる。

Sciformaで利用できる機能(サイフォーマ提供)
Sciformaで利用できる機能(サイフォーマ提供)
Sciformaの概要
用途と機能複数のプロジェクトを効率的に管理するためのソフト
特徴プロジェクトマネージャと経営者向けに財務分析、キャパシティ計画、リスク管理、コスト管理、プロジェクト管理などの機能を提供する
導入企業フィリップス、富士通など

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]