プロジェクト管理 サイフォーマ

Sciforma:開始前に投資対効果も検証できるプロジェクトポートフォリオ管理

プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)ソフトの「Sciforma」は複数のプロジェクトを効率的に管理できる。プロジェクト開始前に投資対効果を検証する機能やプロジェクトの進捗状況なども把握できる機能を搭載している。

Sciformaのポイント

  • 複数のプロジェクトを効率的に管理
  • 期間やリソースなどから投資対効果を検証可能
  • ワークフローをユーザー企業が独自に定義可能

Sciformaの製品解説

 「Sciforma」は、複数のプロジェクトを効率的に管理するためのプロジェクトポートフォリオ管理(PPM)ソフト。プロジェクトマネージャと経営者向けに財務分析、キャパシティ計画、リスク管理、コスト管理、プロジェクト管理などの機能を提供する。

編集部おすすめの関連記事

 新しいアイデアをプロジェクトとして進めるべきかどうかを分析、評価する。それぞれのアイデアを目的、企業戦略との整合性、リスク、利益などの観点から総合的に評価する。

 プロジェクトの期間やリソース要求、ユーザー企業独自の基準などで投資対効果を検討する機能もある。ビジネスの優先度やプロジェクトの戦略、リスク、ランク付けの基準などからアイデアに対して公平なスコアリングを定義できる。

 ユーザーが定義するワークフローでプロジェクトやドキュメント、課題などに対応する複数のステータスと、関連付いたアクションをあわせて定義できる。ステータスが遷移する際の承認ルールや条件を設定したり、所定のステータスになったときのアクセスの制御や追加設定を定義できる。

 各種標準レポートに加え、独自のレポートも作成できる。レポートの閲覧は無料であるため、すべての関係者がプロジェクトやリソースの状況を円グラフ、バブルチャート、棒グラフなどでリアルタイムに確認できる。

 Sciformaのダウンロードセンターから入手できるプラグインを使うことでJira、Googleカレンダー、MicrosoftのSharePointやOutlook、Salesforceなどの既存アプリケーションとプロジェクト管理に関連したデータを交換できる。

Sciformaで利用できる機能(サイフォーマ提供)
Sciformaで利用できる機能(サイフォーマ提供)
Sciformaの概要
用途と機能複数のプロジェクトを効率的に管理するためのソフト
特徴プロジェクトマネージャと経営者向けに財務分析、キャパシティ計画、リスク管理、コスト管理、プロジェクト管理などの機能を提供する
導入企業フィリップス、富士通など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan