セキュリティ アクセス管理 ジュピターテクノロジー

Shell Control Box:サーバへの操作を記録、再現できるプロクシゲートウェイ

プロクシゲートウェイの「Shell Control Box」はサーバへのアクセスを管理、監視できる。ユーザーの操作は記録でき、操作状況は動画で再生できる機能もある。SSHやRDPなどのプロトコルを監査する。

Shell Control Boxのポイント

  • サーバへのアクセスを管理、監視できるプロクシゲートウェイ
  • アクセスを管理し、ユーザーの操作を記録する
  • SSHやRDPなどのプロトコルを透過的に監査する

Shell Control Boxの製品解説

 ジュピターテクノロジーの「Shell Control Box」は、サーバアクセスを管理、監視するためのプロクシゲートウェイ。機密データへのアクセスの管理、管理者などの特権ユーザーの監視が必要な大企業に導入されているという。

編集部おすすめの関連記事

 リモートサーバ、仮想デスクトップ、ネットワーク機器へのアクセスを管理し、ユーザーの操作を記録する機能がある。操作は動画で再現することも可能だ。金融、公益事業、製造、通信、ホスティングプロバイダー、IT部門からのアウトソーシング企業などでの利用に向くとしている。

 システム担当者を管理するため、サーバ管理に使用されるSSHやRDPなどのプロトコルを透過的に監査する。例えばサーバ設定の間違い、データベース操作、突然のシャットダウンといったイベントの引き金になった操作を監査トレイルからすぐに取り出すことができるという。

 クライアント/サーバ(C/S)間の接続を分断し、通過するすべてのトラフィックを検査することもできる。Shell Control Boxを間に挟むため、C/S間で直接転送されるデータはなくなる。プロトコル違反や非正常データはサーバを攻撃から保護するために拒否され、サーバアプリケーションの脆弱性を狙う未知の攻撃にも対処できる。

Shell Control Boxの対象プロトコル(ジュピターテクノロジー提供)
Shell Control Boxの対象プロトコル(ジュピターテクノロジー提供)
Shell Control Boxの概要
用途と機能サーバのアクセスを管理、監視するためのゲートウェイ
特徴リモートサーバ、仮想デスクトップ、ネットワーク機器へのアクセスを管理し、操作を記録できる
税別価格ハードウェアアプライアンスの場合、1年間のサポート費用込みの初年度導入費用が416万5000円

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan