開発ツール ジャストシステム

UnitBase:ExcelやAccessなどを取り込んで使えるウェブデータベースソフト

ウェブデータベースソフトの「UnitBase」は、プログラミングやデータベースの知識がなくても使える。マウスでExcelファイルやAccessデータベースなどのデータを取り込んで利用できる。

UnitBaseのポイント

  • ブラウザで情報を共有するウェブデータベースソフト
  • プログラミングやデータベースの知識は不要
  • ExcelやAccessのデータをマウスで取り込める

UnitBaseの製品解説

 ジャストシステムの「UnitBase」は、ブラウザを使って部署やチーム、プロジェクトなどで情報が共有できるウェブデータベースソフト。利用者のPCに専用のソフトなどをインストールする必要がなく、アップデートなどのメンテナンス作業も必要ない。

編集部おすすめの関連記事

 プログラミングやデータベースの取り扱いに関する知識は不要。マウス操作だけでメール、ExcelファイルやAccessデータベースなどのデータを取り込んで利用できる。

 Excelやメールなど、既存ツールとの連携にも対応できるため、従来の業務フローを生かしながら効率化できる。UnitBase導入後も、社外とのやりとりが発生する業務には従来の帳票をそのまま使う、といったことが可能だ。

 ワークフロー機能も備えており、社内の決裁・申請業務に対応したフローを標準機能で構築できる。稟議書や購入申請、情報システム部門への作業依頼など、履歴を記録する必要がある業務に対応できる。

UnitBaseで作った帳票(ジャストシステム提供)
UnitBaseで作った帳票(ジャストシステム提供)
UnitBaseの概要
用途と機能ブラウザを使って部署やチーム、プロジェクトなどで情報が共有できるウェブデータベースソフト
特徴メール、ExcelファイルやAccessデータベースなどのデータを取り込んでマウス操作をするだけで利用できる
税別価格同時ログインが5ユーザーまでの場合98万円、年間保守料は19万6000円
導入企業オーディオテクニカ、早稲田大学

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan