ECサイト

スポーツグッズのDICK'SがアウトソースモデルからインハウスでECプラットフォームを構築へ--そのメリットとは

DICK'S Sporting GoodsとeBay Enterpriseは長年、Eコマース(EC)プラットフォームで提携関係にあった。今回DICK'Sは技術をインハウスにするという大きな賭けに出た。DICK'Sが莫大な資金をかけて進めるITプロジェクトのメリットとリスクを分析する。

 スポーツグッズのDICK'S Sporting Goodsはオムニチャネルリテイリングのためのシステムの運用をアウトソースモデルから、ECの運命を自社の手中に戻すことにした。これにより、すべての管理を自社で行うという狙いだ。

 DICK'S Sporting Goodsのこの決断は決して珍しいものではない。同社の決断はTargetの戦略に倣ったものだ。TargetはAmazonのプラットフォームを利用してECの運用をローンチしたが、その後さらなる制御を目的にインハウスに戻した。Targetのインハウスへの移行は順調だったが、ローンチ当初はピーク時のアクセス障害に悩まされた。今日、小売業は売り場面積を縮小し、ある意味においてストアをディストリビューションセンターと位置づけている。WalmartもMacy'sも、ECに大きな投資を行っており、物理的なストアからの売り上げから、物理と仮想を組み合わせたショッピング体験の提供にシフトしている。

残り本文:約6767文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan