開発ツール

WaWaD-Be:ブラウザだけで簡易データベースを作成できるSaaS

WaWaD-Beのポイント

  • データベースのSaaS
  • ブラウザだけで簡易的なデータベースを作成できる
  • サンプルデータベースが用意されている

WaWaD-Beの製品解説

 アイアットOECの「WaWaD-Be」は、データベースのSaaSである。ブラウザだけで簡易的なデータベースを作成できる。

編集部おすすめの関連記事

 プログラミングの知識がなくても、テキスト、数字、チェックボックス、コンボボックスなどのGUI部品を用いて必要な項目を設定してフォームを作成できる。複数の入力フォームを作成して、担当者向けと管理職向けといった具合に使い分けることも可能。

 ほかのユーザーがデータベースの情報を入力、更新したことを通知する「気づき機能」を搭載。自分が知りたい情報に対して同機能を設定することで、必要な情報を迅速に把握できる。蓄積したデータはフォームに出力するほか、CSV形式で出力可能。Excelで集計したり、統計を取ったりと、自由に加工できる。

 サンプルデータベースとして「顧客管理」「案件管理」「問い合わせ、クレーム管理」「機器購入履歴管理」などを用意。ユーザーはサンプルの項目を変更するなどして利用できる。

 アイアットOECはWaWaD-Beを、同社のグループウェアのクラウドサービス「WaWaOffice」の連携オプションのほか、単体でも提供する。サービス提供には、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得の自社データセンターを使用。24時間365日有人監視体制で、SSL、アクセスログなどを標準装備する。

 WaWaOfficeの連携オプションにはほかに、ワークフローの「WaWaFlow」、営業日報管理の「WaWaFrontier」などがある。

WaWaD-Beの画面
WaWaD-Beの画面(アイアットOEC提供)
WaWaD-Beのまとめ
用途と機能データベースのSaaS
特徴プログラミングの知識がなくても、ブラウザだけで簡易的なデータベースを作成できる。テキスト、数字、チェックボックス、コンボボックスなどを用いて必要な項目を設定してフォームを作成する
税別価格1IDあたり月額300円(10ID単位)。サーバ維持管理費用が月額2500円

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan