帳票管理 インテック

快速サーチャーGX:ブラウザで利用できる帳票管理--全社展開、社外共有が容易

帳票管理システムの「快速サーチャーGX」は、さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする。クライアントソフトが不要で、帳票の全社展開や社外共有が容易だ。

快速サーチャーGXのポイント

  • さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できる帳票管理システム
  • クライアントソフトが不要で帳票の全社展開や社外共有が容易
  • 帳票の郵送やメール配信が必要なくなりコストの削減や業務の迅速化

快速サーチャーGXの製品解説

 インテックの「快速サーチャーGX」は、さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする帳票管理システムだ。クライアントソフトが不要なため、帳票の全社展開や社外共有が容易だとしている。

編集部おすすめの関連記事

 多数のシステムから出力されるPDF帳票や、ホストから出力されるスプールデータ(印刷データ)、紙帳票など企業内における帳票データを統合管理し、検索や閲覧、印刷できる。

 定義エディタを使うと、元データとなるPDFファイルから定義を作成、編集し、ウェブで公開する際に利用するPDFファイルの帳票レイアウトや検索項目などを定義できる。

 企業間で利用することで、それまで発生していた郵送やメール配信による帳票の授受が必要なくなるため、コストの削減や業務の迅速化を図れるとしている。

快速サーチャーGXの概要図
快速サーチャーGXの概要図(インテック提供)
快速サーチャーGXのまとめ
用途と機能さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする帳票管理システム
特徴多数のシステムから出力されるPDF帳票や、ホストから出力されるスプールデータ(印刷データ)、紙帳票など企業内における帳票データを統合管理し、検索や閲覧、印刷できる
税別価格300万円から
導入企業アイ・エム・エス・ジャパン、ダイナパック、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan