帳票管理 インテック

快速サーチャーGX:ブラウザで利用できる帳票管理--全社展開、社外共有が容易

帳票管理システムの「快速サーチャーGX」は、さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする。クライアントソフトが不要で、帳票の全社展開や社外共有が容易だ。

快速サーチャーGXのポイント

  • さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できる帳票管理システム
  • クライアントソフトが不要で帳票の全社展開や社外共有が容易
  • 帳票の郵送やメール配信が必要なくなりコストの削減や業務の迅速化

快速サーチャーGXの製品解説

 インテックの「快速サーチャーGX」は、さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする帳票管理システムだ。クライアントソフトが不要なため、帳票の全社展開や社外共有が容易だとしている。

編集部おすすめの関連記事

 多数のシステムから出力されるPDF帳票や、ホストから出力されるスプールデータ(印刷データ)、紙帳票など企業内における帳票データを統合管理し、検索や閲覧、印刷できる。

 定義エディタを使うと、元データとなるPDFファイルから定義を作成、編集し、ウェブで公開する際に利用するPDFファイルの帳票レイアウトや検索項目などを定義できる。

 企業間で利用することで、それまで発生していた郵送やメール配信による帳票の授受が必要なくなるため、コストの削減や業務の迅速化を図れるとしている。

快速サーチャーGXの概要図
快速サーチャーGXの概要図(インテック提供)
快速サーチャーGXのまとめ
用途と機能さまざまな帳票を一元管理し、ブラウザから閲覧できるようにする帳票管理システム
特徴多数のシステムから出力されるPDF帳票や、ホストから出力されるスプールデータ(印刷データ)、紙帳票など企業内における帳票データを統合管理し、検索や閲覧、印刷できる
税別価格300万円から
導入企業アイ・エム・エス・ジャパン、ダイナパック、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]