ワンタイムパスワード

YubiKey:USB接続でワンタイムパスワードを出力するハードウェアトークン

ハードウェアトークンの「YubiKey」は、ユーザー固有の秘密鍵と各種情報の組み合わせから、一見するとランダムな文字列をワンタイムパスワードとして生成する。

 ソフト技研の「YubiKey」は、PCのUSBポートに接続してワンタイムパスワードを出力するハードウェアトークンだ。ユーザー固有の秘密鍵と各種情報の組み合わせから、一見するとランダムな文字列を生成する仕組みとなっている。

 ハードウェアの真ん中にあるセンサをタッチすると、PC上に44文字のパスワードを出力する。出力するパスワードはワンタイムパスワードであり毎回異なるので、パスワードが流出しても問題ない。

編集部おすすめの関連記事

 同社はYubiKeyを使ったサービスを提供している。「YubiOnシングルサインオン」は、1度のログインで複数のクラウドサービスにアクセスできるようにするサービスだ。YubiKeyのワンタイムパスワードでログインする。Google AppsやSalesforce、Amazon Web Servicesなどに対応している。

 「YubiOn認証サービス」はクラウド型の認証サービスで、ウェブサービスやVPN接続などにワンタイムパスワード認証を利用することが可能だ。

YubiKeyの外観
YubiKeyの外観(ソフト技研提供)
YubiKeyの概要
用途と機能PCのUSBポートに接続してワンタイムパスワードを出力するハードウェアトークン
特徴ハードウェアの真ん中にあるセンサをタッチすると、PC上に44文字のパスワードを出力。ワンタイムパスワードで毎回異なるので、パスワードが流出しても問題ない
税別価格YubiKey 4は1個あたり4800円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan