会計ソフト 会計ソフト freee

クラウド会計ソフトの選び方:導入事例から「freee」が選ばれる理由を考える

民間企業であれ、非営利法人であれ、組織のお金の流れを管理することは重要な業務だ。ここでは、クラウド会計ソフトを活用する2つの事例から会計業務の勘所を見てみる。

紙からパッケージ、クラウドへ

 会計ソフト業界はこれまで、大きく分けて3つの段階を経てきた。まずは手書きの段階。現金や預金口座、在庫、売掛金、固定資産など、担当者が記載した伝票をもとに、個別に手書きで管理していた段階である。

 次にIT化の段階。手書きで管理していたものをパッケージソフトに移行し、計算などが自動化されるようになった。だが入力に関しては、取引ごとに経理担当者が作業していた。

 そして最新の流れは、クラウド化の段階にきている。銀行口座やクレジットカード、POSレジなどの別サービスと連携することで、より一層の自動化を進めることができる。また、セキュリティやバックアップの利点から、クラウド会計ソフトを利用する企業も増えている。

編集部おすすめの関連記事

会計ソフト市場の勢力図

残り本文:約2677文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan