会計ソフト ビジネスブレイン太田昭和

仕訳HUB:会計情報をシステム間で連携させるデータ連携基盤--明細を照会可能

データ連携基盤の「仕訳HUB」は、会計情報のシステム間連携を可能にする。個々の業務システムで発生する取引情報を集約し、仕訳生成ルールに基づいて一元的に仕訳データを作成して会計システムに受け渡す仕組みだ。

 ビジネスブレイン太田昭和の「仕訳HUB」は、会計情報のシステム間連携を可能にするデータ連携基盤である。仕訳生成を一元的に管理することで、システム間インターフェース機能を統合する。個々の業務システムで発生する取引情報を集約し、仕訳生成ルールに基づいて一元的に仕訳データを作成して会計システムに受け渡す。

 各システムから発生する仕訳生成のルールは「仕訳パターンマスタ」で一元管理する。どのシステムからどんな仕訳が発生しているかは、このマスタを照会すれば把握できる。将来の制度変更に伴って勘定科目を変更する際には、マスタの変更だけで対応が完了するので保守性が向上する。

編集部おすすめの関連記事

 仕訳パターンマスタは「国際会計基準(IFRS)仕訳パターンテンプレート」を標準で装備する。さらに、マスタの設定により、1つの業務トランザクションから、複数の会計制度に従う仕訳情報を同時に自動生成することもできる。

 監査上の要件に考慮し、仕訳情報から発生データへ遡及照会する機能を備えており、仕訳情報から発生元のシステムが送信したトランザクション情報までをドリルダウンで照会できる。同機能は通常業務において、仕訳情報の分析や障害発生時のトレースを行う際にも有効である。

 仕訳HUBの連携元となる販売、購買、在庫管理、固定資産などの業務システムや、連携先となる会計システムは、自社開発システムでもパッケージ製品でも利用可能。受け渡しフォーマットに制限がないため、各システムの都合のよいレイアウト、ファイル形式、データベースなどで連携できる。

仕訳HUBのイメージ
仕訳HUBのイメージ(ビジネスブレイン太田昭和提供)
仕訳HUBの概要
用途と機能会計情報のシステム間連携を可能にするデータ連携基盤
特徴仕訳生成を一元的に管理することで、システム間インターフェース機能を統合する。個々の業務システムで発生する取引情報を集約し、仕訳生成ルールに基づいて一元的に仕訳データを作成して会計システムに受け渡す

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]