人事評価

モノドン:基準を標準化して評価のばらつきを減らせる人事考課システム

人事考課システムの「モノドン」は、評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らし、能力や業績、成果を評価する。考課の項目は、さまざまな業界にヒアリングして開発、考課表の90%を標準機能で対応する。

 くじらシステム開発の「モノドン」は、従業員の能力や業績、成果を評価する人事考課システムである。評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らしたり、進捗状況を把握したり、過去の考課を参考にしたりできる。

 さまざまな業界にヒアリングして人事考課の項目を開発しているため、考課表の約90%を標準の機能で対応できるとしている。標準で対応できない場合はカスタマイズにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 部署ごとの目標設定とは別に、従業員別の目標を設定できる。例えば「新人用」や「入社2年目用」など、従業員の立場や状況に応じた目標設定を作成することが可能だという。

 設定した目標の達成度合いを確認することもできる。まず部署や個人の目標を設定し、月末にどこまで達成できたかを上司や同僚、部下の間で確認し、目標達成率に対する反省や次回の目標を設定するという流れだ。

モノドンの概要
用途と機能従業員の業績や成果について評価する人事考課をシステム化したウェブサービス
特徴評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らしたり、進捗状況を把握したり、過去の考課を参考にしたりできる

「人事評価」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]