人事評価

モノドン:基準を標準化して評価のばらつきを減らせる人事考課システム

人事考課システムの「モノドン」は、評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らし、能力や業績、成果を評価する。考課の項目は、さまざまな業界にヒアリングして開発、考課表の90%を標準機能で対応する。

 くじらシステム開発の「モノドン」は、従業員の能力や業績、成果を評価する人事考課システムである。評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らしたり、進捗状況を把握したり、過去の考課を参考にしたりできる。

 さまざまな業界にヒアリングして人事考課の項目を開発しているため、考課表の約90%を標準の機能で対応できるとしている。標準で対応できない場合はカスタマイズにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 部署ごとの目標設定とは別に、従業員別の目標を設定できる。例えば「新人用」や「入社2年目用」など、従業員の立場や状況に応じた目標設定を作成することが可能だという。

 設定した目標の達成度合いを確認することもできる。まず部署や個人の目標を設定し、月末にどこまで達成できたかを上司や同僚、部下の間で確認し、目標達成率に対する反省や次回の目標を設定するという流れだ。

モノドンの概要
用途と機能従業員の業績や成果について評価する人事考課をシステム化したウェブサービス
特徴評価基準を標準化することで考課結果のばらつきを減らしたり、進捗状況を把握したり、過去の考課を参考にしたりできる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]