ストレージ

基本原理と歴史で分かるフラッシュストレージのメリット

今日も多く使われる汎用的な用途の共有ストレージの多くは、仮想化技術よりも前に設計されている。そうしたストレージは、仮想化技術とフラッシュメモリに十分に適用しているとは言えない。

 今日も多く使われる汎用的な用途の共有ストレージの多くは、VMwareが仮想化を普及させることになる20年前に基本設計されたものがそのまま使われています。そのようなストレージシステムは、仮想化とフラッシュの両方に十分に適用しているとは言えません。フラッシュはハードディスク(HDD)よりも400倍以上に高速というパフォーマンスを発揮できますが、十分に性能を引き出すには、従来型のストレージシステムに根本的なアーキテクチャ変更を伴います。

 例えるなら、音速(海抜0メートルで時速約1200キロ)で飛行する航空機は、その速度に耐えうるシャーシ、エンジン、燃料などを組み合わせた航空機システムがあって初めて安定かつ高速に飛行することができます。一方、それより250分の1の速度である人間の歩行に対して、背中に同じエンジンを付けて無理やり飛ばすことなどは非現実的です。

残り本文:約3447文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]