BI/DWH ウイングアーク1st

ウイングアーク1st、第三者データをウェブ上で閲覧できる新サービス

ウイングアーク1stは、第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery On Demand」を開始した。エリアマーケティングや訪日外国人動態などのデータをコンテンツとして提供する。BIやETLなどのツールは不要だ。

 ウイングアーク1stは5月10日、第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery On Demand」を開始すると発表した。第三者データを利用した分析ダッシュボードをコンテンツとして提供する。税別価格は3000円から。

 既存サービスの「3rd Party Data Gallery」は、セールスやマーケティング領域などで求められる人口統計データや事業者データ、気象履歴データ、調査統計データなどの第三者データを提供する。

編集部おすすめの関連記事

 3rd Party Data Gallery On Demandは、それに加えて利用目的に応じて用意されたデータの中から見たいものを選択し、ウェブ上で閲覧可能にするもの。従来のようにビジネスインテリジェンス(BI)や地理情報システム(GIS)の分析ツールを使ったデータの加工処理が必要なくなるとしている。

エリアポテンシャル分析のイメージ
エリアポテンシャル分析のイメージ(ウイングアーク1st提供)

 サービス開始時点では、エリアマーケティングデータや訪日外国人動態データを中心に64種類のコンテンツを用意、年内に200コンテンツを提供する予定。有償データに加え、国勢調査や人口速報集計などのオープンデータを使った無料コンテンツも利用できる。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan