BI ガートナージャパン

「セルフサービスBI」の取り組みには注意が必要 --ガートナー

ガートナー ジャパンは5月10日、2016年以降の日本における情報活用とコラボレーションに関する展望を発表した。

 ガートナー ジャパンは5月10日、2016年以降の日本における情報活用とコラボレーションに関する展望を発表した。それによると、「アナリティクスとビジネス・インテリジェンス(BI)」の分野においては、2019年までに大企業の80%以上において、ビジネス部門主導で利用を開始するクラウド・アプリケーションやBIツールが増加し、データに対する分析要求が一層多様化する予測されるという。

残り本文:約1700文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan