PBX

NSTechno-phone Manager:シスコのIP電話と連携するウェブベースのCTIアプリ

CTIアプリケーションの「NSTechno-phone Manager」は、発信や転送などの電話機能をクライアントPC上に集約し、操作性と生産性を高める。シスコシステムズのIP電話製品と連携して動作する。

 日本証券テクノロジーの「NSTechno-phone Manager」は、シスコシステムズのIP電話製品と連携して動作するウェブベースのコンピュータ電話統合(CTI)アプリケーションだ。発信や転送などの電話機能をクライアントPC上に集約し、操作性と生産性を高められる。

 電話の代理応答をする「伝言メモ機能」や不在時のメール転送と代理応答を同時にできる機能などを搭載している。会議を始める際には、主催者が参加者のクライアントPCにポップアップ画面で通知したり、参加者が個々に会議用の電話番号に接続したりといった方法を選択できる。

編集部おすすめの関連記事

 CiscoのIP電話の環境があれば、サーバを1台追加すれば導入が可能だ。ウェブベースで動作するため、クライアントPCへのインストール作業も不要である。

 インスタントメッセージング(IM)ソフトウェア「Cisco Jabber」と連携して、プレゼンス(在席)の表示やチャットを行うこともできる。

NSTechno-phone Managerの画面
NSTechno-phone Managerの画面(日本証券テクノロジー提供)
NSTechno-phone Managerの概要
用途と機能ウェブベースのCTIアプリケーション
特徴発信や転送などの電話機能をクライアントPC上に集約し、操作性と生産性を高められる。シスコシステムズのIP電話製品と連携して動作する
税別価格100ライセンスで16万円から
導入企業野村證券

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan