ロボット

AIロボットはネットワーク化した兵士の命をどう守るのか?

兵士をネットワーク化する米国防高等研究計画局(DARPA)のシステム「Squad X」は、兵士の命を守るためにAndroidタブレット、リアルタイム暗号化コミュニケーション、人工知能(AI)を採用している。

 さして遠くない未来の軍隊は、人工知能(AI)を搭載するタブレットや小さなディスプレイ、そして地上部隊へデータを送る上空のドローンに、その安全を委ねるだろう。地上部隊の兵士は、多種多様な情報の表示されるヘッドアップディスプレイ(HUD)を装着する。

 さらに、ロボットも戦場に投入される。それも大量に。

提供;Juggernaut Defense
提供;Juggernaut Defense

残り本文:約1509文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]