SSO EMCジャパン

RSA Via Access:オンプレミスとクラウドの混在環境でSSOを可能にするSaaS

SaaS型の認証基盤である「RSA Via Access」は、オンプレミスとクラウドのアプリケーションへのログインをSSOで一元化できる。アプリや従業員の属性に応じて強度の異なる認証方式を設定可能だ。

 EMCジャパンの「RSA Via Access」は、ユーザー認証を一元管理するSaaSである。オンプレミスとクラウドのアプリケーションへのログインをシングルサインオン(SSO)で一元化できる。ユーザーは、認証ポータルにログイン後、アイコンをクリックするだけでアプリケーションを利用可能になる。個々のアプリケーションへのログインは不要。

 RSA Via Accessを利用する際には、ユーザー情報を一元管理するアプライアンス製品「RSA Via Access Identity Router」をオンプレミス環境の非武装地帯(DMZ)に設置する。これがクラウドサービスと連携する仕組みで、パスワードなどのユーザー情報はクラウド上に保管しない。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションの重要度や従業員の属性、アクセス場所などに応じて強度の異なる認証を任意に設定できる。例えば、出退勤管理ポータルはプライマリ認証(Via Accessのログイン認証)のみでログインできるが、会計などの基幹業務アプリケーションにログインするには認証強度が高いバイオメトリクス認証を追加するなど、セキュリティ強度を高めることが可能だ。

 さまざまな認証方式に対応しており、同社の「RSA SecurID」をはじめとしたワンタイムパスワード、スマートフォンで指紋を認証する「Touch ID」、スマートフォンを振って認証する“シェイク”、EyeVerifyが提供する眼球の血管で認証する「EyeprintID」が利用できる。

 このほか、Apple WatchをPCなどの認証端末に近付けて認証する「認証クエスト」、2要素認証技術による規格「FIDO U2F(Fast IDentity Online Universal Second Factor)」に準拠したトークンデバイスなどデバイスを併用する認証方式を利用できる。

RSA Via Accessの認証ポータル
RSA Via Accessの認証ポータル(EMCジャパン提供)
RSA Via Accessの概要
用途と機能ユーザー認証を一元管理するSaaS
特徴オンプレミスとクラウドのアプリケーションへのログインをSSOで一元化できる。アプリケーションの重要度や従業員の属性などに応じて強度の異なる認証方式を設定可能
税別価格1万ユーザーの場合、1人あたり月額900円

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan