人材管理 ネオキャリア

人材が中心の“HRTech”--組織戦略を実行するための人事クラウドの重要性

人事と技術を融合した「HRTech」が注目を集めている。人事データをクラウドで蓄積、分析することで、これまでにない仮説を導き出し、組織戦略を立案できるようになるのだ。

 2015年末あたりから日本でも「FinTech」という言葉をよく見かけるようになった。既存のビジネスとテクノロジを組み合わせることで生産性を上げている事例が多くなった。

 企業人事(Human Resources:HR)の領域でも、人事と技術を融合した「HRTech」が注目を集めるようになり、投資熱が高まっている。シリコンバレーでは、HRTech関連の新興企業が次々と誕生している状況だ。CB Insightsによると、2015年のHRTech企業に関する投資額は24億ドルにのぼり、全部で383件の取引が行われた。

人事部の業務課題

 社内人事システムをSaaSで提供するZenefitsは、2013年に創業の新興企業であり、資金調達から2年で評価額が40.5億ドルになるまで急成長している。日本のHRTech市場の潜在規模は約2兆円といわれており、モノのインターネット(IoT)などがもたらす技術革新などにより、今後はますますHRTech市場が活発化すると考えられる。

 日本では、求人過多の売り手市場と人口減少に伴う労働力の低下が、企業経営の死活問題となっている。外部環境の変化により、優秀な人材の獲得とともに従業員の生産性やエンゲージメントの向上にも大きな関心が集まっている。

 人事情報をExcelなどを用いて手作業で管理してきた従来の仕組みを、クラウドサービスに置き換える動きも出てきている。従業員に関するさまざまな人事情報を蓄積、分析することで、これまでにない仮説を導き出し、組織戦略を立案できるようになる。

人事部の業務課題

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1681文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]