ロボット

4本腕のロボット外科医、未来の手術を変える

世界各地の病院で、ロボットが手術の助手を務めるようになっている。

 外科医。麻酔医。看護師。患者。ロボット。最近の手術室には、人間以外も入る。

 これまでの手術は、患者の体を大きく切開することが多かった。それに対し、鍵穴手術とも呼ばれる腹腔鏡を使う手術では、切開部がとても小さくなった。さらに今では、少しだけ切った部分から精緻(せいち)な手術をするロボットシステムの活用例が、世界中の病院で増えている。切開分が小さいため、傷跡も小さく、回復期間が短くて済む。


Intuitive Surgicalの「Full System gb」と組み合わせた「Integrated Table Motion」
画像:Intuitive Surgical

残り本文:約3110文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]