フィルタリング アルプス システム インテグレーション

InterSafe WebFilter:情報漏えいなどを防止するゲートウェイ型ウェブフィルタリング

ゲートウェイ型ウェブフィルタリングソフトの「InterSafe WebFilter」は、クライアントPCによる不正サイトへのアクセスや書き込み、情報漏えい、マルウェア感染、私的利用を防止する。

 アルプスシステムインテグレーションの「InterSafe WebFilter」は、ゲートウェイ型のウェブフィルタリングソフトである。クライアントPCによる不正サイトへのアクセスや書き込みを防止したり、情報漏えい、マルウェア感染、私的利用を防止したりする機能がある。

 標的型攻撃の手法でよく利用されるドライブバイダウンロードサイトへのアクセスを遮断する。マルウェア感染を未然に防止する「入口対策」と、クライアントPCがマルウェアに感染した場合であってもサーバとの通信経路を遮断して悪意ある情報搾取を防御する「出口対策」の両方の機能がある。

編集部おすすめの関連記事

 トレンドマイクロやシマンテックが提供する主要なマルウェア対策ソフトと連携可能で、ウェブ経由のマルウェア侵入を防ぐ。脅威サイトへのアクセスを遮断するフィルタリング機能と併用することで、入口対策をより強固にできる。

 無償でバンドルしているログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」「LogLyzer」を使うと、アクセスログを閲覧分析できる。組織内の誰が、いつ、どんなサイトで、何を行ったのかを明らかにできるため、アクセス管理の改善や問題行動の調査に役立てられる。

InterSafe WebFilterのイメージ図
InterSafe WebFilterのイメージ図(アルプスシステムインテグレーション提供)
InterSafe WebFilterの概要
用途と機能ゲートウェイ型のウェブフィルタリングソフト
特徴クライアントPCによる不正サイトへのアクセスや書き込み、情報漏えい、マルウェア感染、私的利用を防止する
税別価格1~5人の1年契約で5万円
導入企業さなる、高木証券、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan