EAI/ESB ワイ・ディ・シー

TriSynergy:業務、機能、情報を可視化してBPM/SOA/ESBの連携基盤を構築

BPMやSOA、ESBの統合基盤を構築するための「TriSynergy」は、現状の問題点や課題を業務、機能、情報の3つの視点から分析するコンサルティングからシステム化範囲やシステム構築に必要な技術課題の検討、システムの構築までを提供する。

 ワイ・ディ・シーの「TriSynergy」は、ビジネスプロセス管理(BPM)、サービス指向アーキテクチャ(SOA)、エンタープライズサービスバス(ESB)の統合基盤を提案する。業務や機能、情報を可視化して課題を分析し、プロセスやサービス、データの連携基盤を構築する。

 TriSynergyは、現状の問題点や課題を業務、機能、情報の3つの視点から分析するコンサルティングから、システム化範囲やシステム構築に必要な技術課題の検討、システムの構築までのサービスメニューを展開。3つの視点で可視化することで今までバラバラに考えていた問題点や課題を解消する気付きを見い出せる。

 コンサルティングでは、業務プロセスの検討、サービスモデルの検討、システムのインターフェース一覧を検討してあるべき姿、To-Beモデルを作成。さらに、システム導入、稼働を経た気付きによってこれらを最適化していく。

 同ソリューションを適用した連携基盤は、クラウド、オンプレミス間を問わず、さまざまなアプリケーションを連携できる。プロセス、サービス、データの追加や組み換えに柔軟に対応する。

TriSynergyで提供されるもの(ワイ・ディ・シー提供)
TriSynergyで提供されるもの(ワイ・ディ・シー提供)
TriSynergyの概要
用途と機能BPM、SOA、ESBの統合基盤を提案
特徴業務、機能、情報を可視化して課題を検討し、プロセス、サービス、データの連携基盤を構築する

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan