EAI/ESB ワイ・ディ・シー

TriSynergy:業務、機能、情報を可視化してBPM/SOA/ESBの連携基盤を構築

BPMやSOA、ESBの統合基盤を構築するための「TriSynergy」は、現状の問題点や課題を業務、機能、情報の3つの視点から分析するコンサルティングからシステム化範囲やシステム構築に必要な技術課題の検討、システムの構築までを提供する。

 ワイ・ディ・シーの「TriSynergy」は、ビジネスプロセス管理(BPM)、サービス指向アーキテクチャ(SOA)、エンタープライズサービスバス(ESB)の統合基盤を提案する。業務や機能、情報を可視化して課題を分析し、プロセスやサービス、データの連携基盤を構築する。

 TriSynergyは、現状の問題点や課題を業務、機能、情報の3つの視点から分析するコンサルティングから、システム化範囲やシステム構築に必要な技術課題の検討、システムの構築までのサービスメニューを展開。3つの視点で可視化することで今までバラバラに考えていた問題点や課題を解消する気付きを見い出せる。

 コンサルティングでは、業務プロセスの検討、サービスモデルの検討、システムのインターフェース一覧を検討してあるべき姿、To-Beモデルを作成。さらに、システム導入、稼働を経た気付きによってこれらを最適化していく。

 同ソリューションを適用した連携基盤は、クラウド、オンプレミス間を問わず、さまざまなアプリケーションを連携できる。プロセス、サービス、データの追加や組み換えに柔軟に対応する。

TriSynergyで提供されるもの(ワイ・ディ・シー提供)
TriSynergyで提供されるもの(ワイ・ディ・シー提供)
TriSynergyの概要
用途と機能BPM、SOA、ESBの統合基盤を提案
特徴業務、機能、情報を可視化して課題を検討し、プロセス、サービス、データの連携基盤を構築する

「EAI/ESB」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]