ウェアラブル シード・プランニング

ウェアラブル市場、2020年に4兆5000億円--2015年比の5倍超--シード・プランニング予測

シード・プランニングは4月12日、市場調査レポート「2016年版 世界のウェアラブル市場の普及と展望」を発刊したと発表した。

 シード・プランニングは4月12日、国内外のウェアラブル市場の現状と、製品動向、参入事業者動向、消費者動向の調査結果を発表した。2025年まで市場規模予測と、市場の課題/今後の成長性を展望している。

 調査結果の主な内容は以下の通り。

2025年までの世界のウェアラブル市場規模予測(形状別台数、金額)

(シード・プランニング提供)
(シード・プランニング提供)
  • 2013年はウェアラブルの元年と言われ、業界の大手各社がウェアラブル端末事業に本格的に取り組み、2014年はさまざまな製品が市場に展開され、製品バリエーションが非常に増えた。
  • 2015年は、市場を大きく牽いんすると注目されていたApple Watchが市場に投入されたが、期待ほど販売が伸びず、ウェアラブル全体市場は前年比150%の成長に留まり、約2800万台(金額8500億円)規模と推定。
  • 2015~2017年は、30%弱程度の成長率で推移すると予想する。
  • 2018年以降、技術進展により第2波の成長期を迎え、2020年は1億4000万台(金額4兆4600億円)に成長。
  • 2025年は2014年の約14倍の2億5300万台(金額6兆2100億円)になると展望する。(2014年から平均27%増)

参入事業者動向(参入の背景、ビジネスモデル、主要事業者の取組)

 ウェアラブル市場参入事業者の動向については、業種別に以下の事業者の動向を掲載している。

(シード・プランニング提供)
(シード・プランニング提供)

 このレポートでは、市場規模予測として、同社が調査協力し、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が取りまとめた「注目分野に関する動向調査2015」の基礎データになったものを掲載している。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan