ミドルウェア NEC

NISMAIL:クラウドとオンプレミスでもデータを連携できるEDIミドルウェア

電子データ交換(EDI)ミドルウェアの「NISMAIL」は、「蓄積交換型ファイル転送方式」によりシステム間のデータ連携を自動化する。クラウドとオンプレミス間のデータ連携にも利用できる。

 NECの「NISMAIL」は、「蓄積交換型ファイル転送方式」によりシステム間のデータ連携を自動化する電子データ交換(EDI)ミドルウェアである。フォルダ構造ごとの指定先にファイルを転送同期する。データファイルの転送をきっかけに指定したプログラムを自動で起動し、業務アプリケーション間のデータ連携を可能にする。

 NISMAILでは、「メールボックス」と呼ばれるキューイング領域に送受信データを一時格納。「First In First Out(先入先出)」の順序で制御する。業務アプリケーションとファイル転送の間にメールボックスをはさむことで、業務アプリケーションとファイル転送の処理を分離することができる。

 送受信データをメールボックス内で一意に管理するため、上書きを気にせず転送処理が可能。ネットワークやサーバ処理の負荷を考慮した転送多重度制御や間欠転送機能を装備し、独自のデータ転送手順により送信データと受信データが一致することを確認する。

 ファイル転送失敗時のレジューム機能により、通信インフラが十分整備されていない地域でもファイル送達ができる。メールボックスに送受信データを保存することにより、送信が失敗したときに送信前処理を再実行したり、受信後に処理異常が発生したときに再転送したりすることが不要になる。

 2016年2月22日にリリースした「NISMAIL V8」では、オプションでHTTPSプロトコルをサポート。クラウドとオンプレミスの間のようなインターネットを経由したデータ連携に利用できるようになった。さらに、データ交換によるジョブ連携性能の向上により、多頻度な転送でもデータ処理ジョブへの遅滞のないデータ引き渡しを可能にした。

NISMAILの動作イメージ
NISMAILの動作イメージ(NEC提供)
NISMAILの概要
用途と機能システム間のデータ連携を自動化するEDIミドルウェア
特徴フォルダ構造ごとの指定先にファイルを転送同期する。データファイルの転送をきっかけに指定したプログラムを自動で起動し、業務アプリケーション間のデータ連携を可能にする
サーバ環境UNIX、Linux、Windows、Windows Server、ACOS、A-VX、OS/400、IBM i
クライアント環境Windows 2000、Windows Server 2003/2008/2012、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
税別価格UNIX版が69万円から、Linux版が32万2000円から、ACOS版が92万円から、OS/400版が46万円から、Windows版が19万円から、など
導入企業ハリマ共和物産、フジ、岡本、NECキャピタルソリューション、など

「ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]